2010年04月02日

無農薬の必要性




農薬の危険性について調べてみたいと思います。

○農薬とは

農薬(のうやく)とは、農業の効率化、あるいは農作物の保存に使用される薬剤の総称。殺菌剤、防黴剤(ぼうばいざい)、殺虫剤、除草剤、殺鼠剤(さっそざい)、植物成長調整剤(通称植調:植物ホルモン剤など)等をいう。・・・

虫害や病気の予防や対策、除虫や除草の簡素化、農作物の安定供給・長期保存を目的として、近代化された農業では大量に使用されている。一方、ヒトに対して毒性を示す農薬も多く知られており、使用できる物質は法律で制限されている。(ウィキペディアより)

○農薬の歴史

1948年、「農薬取締法」公布。1950年

1958年、国内最初の空中散布が神奈川県で実施された。

1962年にレイチェル・カーソンが『沈黙の春』を発表してからは、農薬の過剰な使用に批判が起こるようになった。消費者の自然嗜好や環境配慮の増加、農家からも費用や化学農薬の副作用への心配から、天敵、細菌、ウイルス、線虫や糸状菌(カビの仲間)等の生物農薬の使用も進められている。

2000年、「JAS法」による「有機農産物認証制度」発足。
(ウィキペディア)より抜粋

○農薬の種類

日本で使われている農薬は、化学物質の種類でいうと380種類で、同じ化学物質でも会社が違うと製品が違いますから、その数で数えると5500種類ほどになります。

○農薬の危険性

一部の農薬はヒトに対して毒性を持つため、農業従事者に対する健康被害、あるいは農作物への残留農薬がしばしば問題となってきた。このため、今日では農薬の使用について、法律で厳しく制限が加えられています。

現在日本で流通している農薬の90%以上は普通物であり、毒物や劇物の農薬は年々その割合が低下しています。また、2004年中における農薬中毒事故189件(死亡94件、中毒95件)のうち、156件は自他殺を目的としたもので、誤飲・誤食や農薬散布に伴うものは33件(うち死亡2件)です。

食品に対する残留農薬は食品及び農薬ごとに一日摂取許容量(ADI)を基準に残留基準が定められており、基準を超えた農薬が検出された場合は流通が禁止されます。

2000年に行われた農産物中の残留農薬検査結果によると、総検査数467,181件に対し、農薬の残留が検出されたのは2,826件(0.6%)、うち基準を超えた量が検出されたのは74件(0.03%)でした。

2001年の検査結果では総検査数531,765件に対し、検出数2,676件(0.5%)、うち基準を超える件数29件(0.01%)と、ほぼ同様の傾向でした。


○無農薬栽培は可能か

松永和紀氏(まつながわき)の書いた本 『踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓』によると、「農薬を使わなくても作れる」と主張する農家がいるのは事実です。

著者の松永氏がそうした人たちの畑を実際に見て回ってわかったのは、「無農薬でもできる」と主張する人たちの畑は、小規模であることです。「農薬を使わずにで作っている」と言う農家の人たちの多くは、狭い畑で多種類の野菜を作っています。

農薬が必要になるのは、病虫害が発生するからです。なぜ発生するかというと、同じ種類の植物(作物)が、何ヘクタールにもわたって植えられ、それ以外の植物の数が極めて少ないと、植物の多様性がなくなるので、土壌中の微生物の種類が偏ったものになります。そして、地上の虫の世界でも、正常な生態系を維持できなくて、特定の虫のみが発生しがちになります。そのために病虫害が発生するわけです。

反面、畝ごとに違う作物を植えている小規模な農家は、畑の環境が多様化するので、微生物や虫などの生物の多様性や生態系が保たれ、農薬を使わなくても病虫害が発生しにくくなります。

松永氏は、人類の食糧の生産ということを考えるならば、広い土地に同じ作物を植える大規模農業は不可欠で、農薬の使用もやむを得ないという立場ですが、確かに無農薬栽培は可能であることが分かります。

○農薬による発ガンの危険

以下は海外癌医療情報リファレンスからの引用です。

NCIニュース 2009年5月29日
ニュースノート:農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関連する。

NCI(米国国立癌研究所)の研究者らは、農業健康調査(Agricultural Health Study)のデータを使用し、数年前に立証された農薬暴露と多発性骨髄腫との関連性を、より精緻なものとし発展させた。研究者らは、職業上農薬を使用する人、特に農業従事者では、職業上農薬に曝露しない人と比較した場合、多発性骨髄腫の確立した前駆状態(意義未確定の単クローン性高ガンマグロブリン血症)となる危険性が、ほぼ2倍増大することを発見した。これらの結果は、農薬が多発性骨髄腫の発症と生物学的に関連する、という仮説をより強く支持するものとなる。

今年、多発性骨髄腫と診断される米国人はおよそ2万人と予測され、2009年にはこの疾患で約1万人が死亡すると推定される。

○無農薬の必要性

農薬は、危険ですから、国で規制されているわけです。農家の人々の健康にも悪影響があります。国の規制によって、農薬による危険はかなり低く抑えられていると思います。

しかし、癌体質、アトピー体質の方など、農薬などの微量の有害物質に対する耐性は人によって異なります。子どもや、乳幼児、お年寄りなどの免疫力の弱い人々は、微量の有害物質によって影響を受けることがあるでしょう。

確かに、無農薬野菜、有機野菜は、そうでないものより、高くつきます。しかし、経済的に許されるならば、無農薬野菜、有機野菜を食する方が私たちの健康にとって安全だと言えます。


らでぃっしゅぼーやでは、国で認められている農薬のうち、113種類の農薬を禁止しています。この圧倒的な数が、他社より安全にこだわっている証です。




posted by あすなろ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

タツノオトシゴ―ラブアゲインの成分






ラブアゲインの成分タツノオトシゴについて調べましょう。

○タツノオトシゴとは

またはウミウマ、カイマ(海馬)と言います。タツノオトシゴは、プランクトンを食べて生きている立派な魚です。コウジウマ科ウミウマ属の魚で、体長5〜15cm、細長く伸びた尾部を海草に巻きつけて休んだり、直立したまま静かに移動したりします。

また出産については、メスがオスの持っている育児嚢(カンガルーのような袋)の中に産卵します。オスが自分の育児嚢の中で卵を受精させ、稚魚を産み落とします。

オオウミシマ、イバラタツ、大海馬などを乾燥したものが、漢方薬や食品として使われています。

タツノオトシゴは熱帯から温帯の浅い海に生息する海水魚です。
タツノオトシゴは強壮効果が高く、世界で人気が上昇しました。そのため原産地で乱獲が続き絶滅の危機にさらされています。


○タツノオトシゴの有効成分

タンパク質、脂肪、多種のアミノ酸を含んでいます。


○タツノオトシゴの効果

■男性ホルモン様作用
タツノオトシゴには、男性ホルモンのような作用があり、同様の強壮作用をもたらすと言われています。生物の性機能に及ぼす効果・効能は実験でも証明されています。

漢方におけるタツノオトシゴは、強壮薬として疲労回復、ED(勃起不能障害)や精力減退、遺精に用いられます。  

■腎機能強化
中国の漢方や薬膳料理では、タツノオトシゴは補腎(腎機能を強化する)作用があるといわれよく用いられます。

腎機能を強化するということから、慢性腎炎やネフローゼ、腎不全、老人の頻尿や尿失禁、夜間多尿、それに前立腺肥大や前立腺炎による排尿困難などの治療にも用いられることがあります。  

■女性の不妊症
女性の子宮発育不良による不妊症にも用いられますが、分娩を促進する作用がありますので妊娠中の使用は医師に相談したほうがいいでしょう。


○タツノオトシゴの養殖

少なくとも年間2500万匹のタツノオトシゴが漢方薬や美術品として取引され、それにかかわる国や地域は77にも上るそうです。

クロウミウマはインド洋から太平洋にかけてのマングローブや海草が繁茂する比較的浅い場所に生息しています。この種類は多くの東南アジアの国々で漢方薬として取引されており、国際自然保護連合により危急種に指定されています。

近年、タツノオトシゴの資源保護活動が認められ、ワシントン条約でも国際取引規制を執り行うことが可決されました。

養殖実験は インド国立海洋研究所で2008年後半から始められ、養殖に成功しています。絶滅の危機に瀕した種の完全養殖に成功したことは養殖業や保護の面でも意義は大きいと 研究所は語っています。

日本では鹿児島県で、タツノオトシゴを養殖する試みがなされています。
これからは人工的に養殖をおこなうことによって、天然資源に影響を与えずに利用する試みが期待されています。 

○ラブアゲイン

ラブアゲインは、精力アップの効果のあるタツノオトシゴを主成分としています。

ラブアゲインは健康的な生活を送るためのサプリメントです。
ラブアゲインは通販でお求めいただけます。

精力アップサプリメント【Love Again】
は、16種類の天然成分を強力配合した最強・最高ランクの精力剤!
posted by あすなろ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タツノオトシゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

万能薬―キャッツクロー






キャッツクローについて調べてみましょう。

○キャッツクローとは

キャッツクローは、アカネ科カギカズラ族の植物で、全長25メートルにもなる毛むくじゃらで巨大な蔦です。ツルにつく葉の根元に猫の爪のようなトゲがあることから「猫の爪=キャッツクロー」と呼ばれるようになりました。

ペルー国アマゾン川源流の奥地、世界でも唯一の原生地、プカルパ地域に薬用樹木キャッツクローが生育しており、自然の物は土壌の滋養を多く必要とするために、1ヘクタールにわずか2〜3本しか生育しておらず、めったにお目にかかれない「幻の薬用樹木」とも言われています。

キャッツクローは、ペルー以外の諸国でも生育しています。しかし、薬用になるキャッツクローは、ペルー原産のものだけと言っていいでしょう。

ペルーのインディオたちは、インカ帝国の時代からリウマチなどの激しい関節の痛みの特効薬としてキャッツクローを使ってきました。彼らは、キャッツクローの樹皮を剥がし、砕いて煎じ、お茶のように飲んでいたそうです。

1926にペルーを訪れコーヒー栽培で成功したドイツ人が、隣に住む先住民に病気の人が非常に少ない事に気づいて、調査した結果、キャッツクローによる強力な免疫系によるものと云う結論に達しました。

ペルーの植物学者がキャッツクローを使ったアシャニカ族の健康法を学会で発表して以来、世界の研究者がキャッツクローに注目し、今、最も期待されている健康食品の素材です。

各国の大学や研究所で薬理研究も盛んに行われ、その効能範囲の多さと効果の高い有効成分が次々と明らかにされています。

現在ヨーロッパでは医薬品として使用されている他、アメリカでも効果が高い健康ハーブとして人気を集めています。


○キャッツクローの種類

キャッツクローには、「ウンカリア・ギアネンシス」と「ウンカリア・トメントーサ」の二種類があります。


○キャッツクローの品質

キャッツクローの有効成分の含有率がもっとも高い種類はウンカリア・トメントーサです。

キャッツクローは、植林したものより、奥アマゾンの自生キャッツクローが、アルカロイドなどの有効成分の含有率も高く品質もよいです。

7年以上経過して成木になると、含有成分が大きく変わるので、樹齢7年以上の成木の樹皮であることが大切です。
 
(ペルーでは植林が進み5年以上成長したキャッツクローの樹皮を採取し、出荷することができ、価格も安価で販売されています。)

キャッツクローはペルー以外の諸国でも生育しています。ただし、ペルーからブラジルにかけての高地密林以外で生育している種類には、キャッツクロー特有の高品質のアルカロイドが含有されてないといっていいでしょう。

したがって、キャッツクローを購入する際は、できるだけペルー原産と明記してある製品を選ぶようにすると間違いないでしょう。


○キャッツクローの有効成分

■アルカロイド
1969年O.S.エッグ氏のガンとリウマチに対する使用報告後、多くの学者が現地に入り研究を進めた結果、効果の主因はキャッツクローに含まれるアルカロイドがキャッツクローの有効成分である事が判明しました。

キャッツクローには、特殊な薬理、生理作用を持つアルカロイド6種類が含まれています。このアルカロイドの絶妙な相乗効果によりなんと最大50%の人体の免疫機能を向上させることが報告されています。

■いろいろな薬効のある成分
キャッツクローには、消炎作用のある物質が含まれています。また活性酸素や紫外線などで、DNAを傷つけられる事は老化の原因の一つですが、キャッツクローには、傷つけられたDNAを修復する物質が新たに発見されました。

さらに、身体に侵入した細菌やウイルスを殺し、ガン細胞の増殖を防ぐ働きのある物質が含まれています。

さらに、キャッツクローに含まれるある物質は、血小板疑集と血栓を予防する働きがあります。そのためキャッツクローは脳梗塞、心筋梗塞の予防に有効性が認められています。

その後も次々と有効成分が明らかになるに従い、さらに多くの疾患に対しても適用が広がっています。


○キャッツクローが特別な理由

世界には、数え切れないほどの薬効を持ったハーブがありますが、それぞれ、ごく限られた分野の効果しかないハーブが多いので、幾つかのハーブを組み合わせて、(中国の漢方薬のように)、利用されていますが、キャッツクローのように、一種類のハーブに特定の薬効を持つ成分が複数組み込まれているハーブは少なく、大変珍しいハーブと言われています。


○キャッツクローの効能

キャッツクローの最大の供給者でもあるペルーのアシャニカ族では、キャッツクローの伝統的な効果や効能の目的は、喘息、尿道の炎症、産後の回復、肝臓の洗浄、外傷の手当て、関節炎、リューマチ、骨の痛み、炎症止め、胃潰瘍といった効能に利用されています。

アマゾン地帯のペルーの原住民の間では、糖尿病、肝硬変、胃炎、腫瘍にキャッツクローを利用していますし、同じペルーのカシボ族では、体を正常に戻す万能薬としての効果が信じられ、膿瘍や体内の洗浄や解熱剤として、古代より愛用されています。

その他、ペルーで記録されているキャッツクローの効能は、止血剤、肌の手入れ、血液浄化、月経サイクルの正常化などがあります。

ペルーのハーブ医療では、リューマチ、胃の不調、泌尿器系の炎症、潰瘍、皮膚病、発熱、咳、癌、エイズなど幅広い効能においてキャッツクローが利用されていますが、主な目的は、炎症を伴う慢性の痛み(リウマチ、神経痛、慢性腰痛)を解消する事と、血液の流れを良くすることで効果を発揮する偏頭痛などを解消する事に利用されています。

キャッツクローは1990年代の初期からペルー及びヨーロッパで癌やAIDSの付加治療や免疫学システムを対象にする他の病気の治療に使用されてきました。

○キャッツクローの歴史

●1994年WHO(世界保健機構)が薬用植物として公式に認定。
WHOは、1994年ジュネーブ会議でキャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定しました。
 
●1995年ペルーのフジモリ前大統領が栽培促進
ペルーのフジモリ前大統領は、誰も足を踏み入れないアマゾンの奥深くに、1ヘクタールに2〜3本しか見つからない幻の樹木を、農家にコカの栽培をやめて、キャッツクローの栽培をするよう年間70万ドルをかけて、キャッツクローの栽培促進を国をあげて行いました。
キャッツクローの栽培を進めることで、山村の再生と外貨獲得もできるという政策です。


○キャッツクローの栽培

自然の物は土壌の滋養を多く必要とするために、1ヘクタールにわずか2〜3本しか生育しておらず、めったにお目にかかれない「幻の薬用樹木」とも言われていました。

現在は、多くの国の需要に応えるため、又、ペルー国の経済のために、前フジモリ大統領がキャッツクローの育成を奨励したおかげで人工栽培の技術が開発され、比較的簡単に優れた効果を享受出来るようになりましたが、栽培できる地域は限られており、他の地域では育たないそうです。
現在は、常に煮出したキャッツクローが冷蔵庫に有り、ちょうど日本人がお茶を飲むように飲んでいます。


○ヤマノのキャッツクローは

シニア世代のためのキャッツクロー
で、健康的な生活のためのサプリメントです。
ヤマノのキャッツクローは通販でお求めいただけます。









posted by あすなろ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | キャッツクロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。