2010年05月01日

きのこキトサンでダイエット






きのこキトサンについて調べてみましょう。

○きのこキトサンとは 

多糖類の一種であるキトサンには、海老などの甲殻類から抽出したキチンキトサンと、キノコ類から抽出した、きのこキトサンの二種類があります。両者の大きな違いとして、βグルカンと言う成分が、キノコキトサンには含まれますが、キチンキトサンには含まれていないと言う事が上げられます。

その為、きのこキトサンは、別名をキトグルカンとも呼びます。

つまり、きのこキトサンとは、シメジ、エノキダケ、シイタケ、マイタケ、アガリクスダケなどの食用キノコから抽出された「β−グルカンと複合したきのこのキトサンです。

従来は、きのこキトサンの精製は、非常に困難だとされていました。
然し、国でも特別な予算を計上して、研究開発を行った結果、2004年についに世界で初めての効率のよい抽出・精製法が開発されました。

きのこキトサンの特徴のひとつに、その安全性の高さがあげられます。
きのこキトサンの安全性は公的機関で証明済みですが、原料であるきのこは食用として長期にわたり人類の食生活でお馴染みのものばかりです。きのこキトサンは甲殻類(カニ、エビ)由来キトサンにまれにみられるアレルギー反応の心配もありません。

脂質の摂りすぎは肥満を招くほか、血中コレステロールや中性脂肪の増加による生活習慣病の原因になりますが、きのこキトサンはそれらの物質の増加を抑制する効果が実験により証明されています。


○βグルカンとは

βグルカンとは、ブドウ糖が長く繋がってできた多糖体で、抗がん効果で有名な、アガリクス茸やマイタケなどの、キノコ類や酵母、海藻類などに多く含まれている成分です。

きのこキトサンの、肥満解消効果のベースとなる成分が、βグルカンです。それは、βグルカンには、脂質の凝集や、余分な体内脂肪を燃焼する働きがあるからです。


○きのこキトサンの特徴

■ダイエットと生活習慣病の予防
きのこキトサンには 肥満の解消、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、高血圧、便秘などいわゆる生活習慣病の予防と改善に その有効性が期待されます。

脂質の摂りすぎは肥満を招くほか、血中コレステロールや中性脂肪の増加による生活習慣病の原因になります。きのこキトサンはそれらの物質の増加を抑制する効果が実験により証明されています。

きのこキトサンは体内の酸や水分などに溶けず膨潤し腸の粘膜を薄くコーティングします。きのこキトサン100mgで畳約80枚分もの腸壁をコーティングすることが可能といわれています。

そして、きのこキトサンは脂質とくっつきやすい性質があります。また、きのこキトサンは人間の体内では消化されない性質があります。また、きのこキトサンには、腸内の油分を洗浄する界面活性剤的効果があります。それで、食事で摂った油分を包み込んで、排出する性質を持っているといわれます。

その結果、食べた脂質の消化・吸収が抑制され、きのこキトサンは付着した脂肪と一緒に対外に排出されてしまいます。

ですから、脂質をきのこキトサンと一緒に食べるならば、脂質が体脂肪として体に蓄積しにくくなる効果があります。また、体内にある脂質を洗浄し、排出する効果もあります。さらにまた、きのこキトサンには、
溜まった脂肪を燃焼する効果が確認されています。

さらに、きのこキトサンには、コレステロールの上昇を抑えたり、血糖値の急上昇を抑える効果もあります。

■健康的なダイエット
ダイエットのために油分や糖質の吸収を抑える成分は、必要な栄養素の吸収まで抑えてしまうものがあります。その結果、ダイエット時に健康を阻害したり、基礎代謝を落としリバウンドを招いたりします

しかしきのこキトサンは、油分に対する働きかけがつよく、他の栄養素の吸収を阻害しません。また油分の吸収を抑えながら、脂肪の燃焼に必要な栄養素は吸収するので、効率よく体内の脂肪を燃焼してくれます。
健康のためには、多くの栄養素が必要なので、油分だけを抑えられるというのはダイエットにとても良いということになります。


○きのこキトサンの効果

■抗肥満効果
きのこキトサン1日300mgを、食事制限をせず通常の食事を 摂取している24名に2ヶ月間与えたところ、1ヶ月目で平均1.06kg、 2ヶ月目で平均1.71kg減少しました。 最も体重減少が著しい人では1ヶ月で3.5kg、3ヶ月で7kg減少しました。

日本のデータです。平均体重72.1Kgの一般男女24名が一日300mgのきのこキトサンを二ヶ月間摂取しました。0〜0.5Kg減少した人が25%、0.5〜1Kg減少した人が12%、1〜2Kg減少した人が17%、2〜6Kg減少した人が46%いました。

■コレステロールの低下
従来は血液1デシリットルあたり総コレステロール220mg以上を動脈硬化によって様々な病気を引き起こしやすい『高コレステロール血症』としていました。

きのこキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、 試験開始前200mg/dl以上を示した被験者達の、 1ヶ月目、2ヶ月目の総コレステロールは顕著に低下しました。 一方200mg/dl未満の被験者の総コレステロールは低下しませんでした。 きのこキトサンは総コレステロールの高い人に有効であることが分かります。

■血圧の低下
試験開始前比較的高い120mmHg以上の血圧を示した被験者の、 1ヶ月目および2ヶ月目の血圧は顕著に低下しました。 一方、120mmHg未満の被験者達の血圧は低下しませんでした。きのこキトサンは血圧の高い人に有効であることが分かります。

■血糖値の低下
血糖値は100mg/dlぐらいまでなら年齢問わず安全圏だと言えます。きのこキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、試験開始前比較的高い100mg/dlの血糖値を示した被験者達の、1ヶ月目および2ヶ月目の血糖値は顕著に低下しました。 一方、100mg/dl未満の被験者達の血糖値には低下しませんでした。きのこキトサンは血糖値の高い人に有効でした。

       
○きのこキトサンは食前がベター

食前の30分位前の空腹時にきのこキトサンを摂取すると、胃液で膨潤しながら速やかに通過して腸粘膜をコーティングして、後から食べた物に含まれる脂質の吸収を劇的に抑制します。また、腸内の油分は洗浄され、最大限の効果が得られます。しかし、食後に摂取しても効果は現れます。


○新しいダイエット

肥満はスタイルとしても気になることですが、健康上も動脈硬化、高血圧症、糖尿病など、生活習慣病の原因になると言われています。肥満や生活習慣病の予防のために様々な食事療法が試みられてきましたが、従来の方法は厳しい食事制限を伴うものが多く、なかなか続ける事は難しいものがありました。

そこでおすすめなのがきのこキトサンによるダイエットです。きのこキトサンによる腸内コーティング・ダイエットは、好きな食べ物を今まで通り食べながらダイエットができる全く新しい方法です。

食前30分位の空腹時にきのこキトサンを摂取するだけで、腸内がコーティングされるため、後から食べたものに含まれている脂質の吸収を劇的に抑えることができます。この事で血液中の中性脂肪やコレステロールの上昇を抑え、食べ過ぎによる体脂肪の過剰蓄積を防ぐことができます。また、肥満体質でも過剰に蓄積した体脂肪を燃やす働きが活性化し、ダイエットができます。

この腸内コーティングダイエット法なら人間の基本的な本能である「食欲」を我慢しないで、今まで通り食べながらダイエットが続けられるので、ストレスもたまりませんし、リバウンドの心配もなく、誰でも気軽に健康的にダイエットできます。


○ライフアップのニュートゥーウィーク

主成分は、きのこキトサンです。
ニュートゥーウィークは、リピーターの方からは『我慢せずにダイエットできる』と人気ダイエットサプリです。

ニュートゥーウィークは通販でお求めいただけます。
今なら期間限定のキャンペーン価格で、通常価格よりも【2,130円】もお得です






↑詳細はこちらから
posted by あすなろ at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | キノコキトサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

クコの実―まつげ美容液の成分






クコの実について調べてみましょう。

○クコの実とは

クコは、なす科クコ属の落葉低木植物。英語の別名は、ウルフベリーと言います。中国原産。日本や朝鮮半島、台湾などにも移入され、分布を広げている外来種です。

ナガマクコ、アツバクコなど微妙に色や形が異なる種類があります。
その実は、長寿、美容、肝臓、腎臓、視力などに良いとされ、漢方や中華料理の食材に使われることで有名です。

果実は酒に漬けこんでクコ酒にする他、生食やドライフルーツでも利用されます。薬膳として粥の具にもされます。

クコの果実、根皮、葉は、それぞれ枸杞子(くこし)、地骨皮(じこっぴ)、枸杞葉(くこよう)という生薬です。約2000年前の中国の漢の時代の本草書である「神農本草経」の上品(上薬)に記載されています。


○クコの実の成分

最近その有効成分についても研究が進み、他の薬草にない薬効のあることが分かってきました。

このクコの実には、ベタイン、ゼアキサンチン、フィリイエンなどのアルカロイドが含まれているほか、アルギニンやグルタミン酸、アスパラギン酸などの必須アミノ酸5種が含まれています。


○クコの実の効能

クコの実にはベータカロチンが豊富に含まれていて、老化を予防し免疫力を高めてくれます。

また、赤い色素に含まれているベタインという成分は、疲労回復の効果があります。

その他、肝臓病や高血圧、コレステロール値の低下、動脈硬化の予防、抗ガン作用や、糖尿病の治療効果、目や肌の健康にもよいとされています。

また、クコの実の成分が線維芽細胞のコラーゲン合成能を促進するという実験結果も報告されています。


○まつげ美容液プレミアムアイラッシュエッセンス

主成分の一つはクコの実です。

プレミアムアイラッシュエッセンスは、他にもマシュマロ(砂糖・水あめ・ゼラチン・オリゴ糖・コーンスターチ)・キウイ果汁・カカオバター・褐藻エキス・アマモエキス・アロエベラ葉エキス・ビルベリー葉エキス・乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液・オタネニンジンエキス・キウイエキスが成分となっています。

インターネットの中で、埼玉医科大学名誉教授高濱 素秀 先生の手作り育毛ローションがテレビ番組で放映され、話題となったと報じられています。この育毛ローションはまゆ毛やまつげにも効果があるそうです。

その手作り育毛ローションの材料は、マシュマロ+カカオバター+クコの実+キウイ+海苔です。

アイラッシュエッセンスと、ほとんど同じ成分が用いられています。アイラッシュエッセンスは他にも、人体に良い成分が配合されています。

アイラッシュエッセンスは通販でお求めいただけます。


まつげ美容液
アイラッシュエッセンス





















posted by あすなろ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | クコの実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

飲む育毛剤Hatto




Hattoでフサフサ・ワクワクの人生を

皆さんHattoでフサフサ推進中です!気になるフサフサ具合はこちらから!

↑詳細はこちらからどうぞ


メチルサルフォニルメタン(MSM)について調べてみましょう。

◆メチルサルフォニルメタン(MSM)とは

MSMはメチルサルフォニルメタンの略称で、天然の有機イオウ成分です。MSMは白色、無臭です。イオウはすべての生体細胞に存在し、イオウは人体で、カルシウム、リン、カリウムに次いで構成比率の高い
ミネラルです。

人間の体の関節、筋肉、皮膚、髪、爪などの健康と密接な関わりがあります。

そもそも硫黄は、タンパク質、アミノ酸の生成に不可欠で、ビタミン、酵素、ホルモンなどの合成、利用、肝臓の解毒機能など重要な生理化学反応に不可欠の物質です。MSMには細胞分裂を正常に行う作用があるほか、体内で軟骨・コラーゲン・毛髪・爪・皮膚をつくるのに必要な物質です。

人体の組織は常に再生されていますが、新しい細胞が生成されるとき、硫黄が不足していると、こわばった、浸透性の乏しい組織が再生されてしまいます。

MSMは、体内でも生成されますが、年齢と共に少なくなります。また慢性病になったときにも、MSMの量は減りやすくなるそうです。

MSMは食品(果物や野菜、肉や魚、牛乳、特に穀物や豆類などのたんぱく質を多く含む植物や、ねぎ類、にんにく、わさびなどのにおいのある植物)など広く含まれています。

しかしながらMSMは、加熱・乾燥などの調理過程で破壊され、大部分が失われてしまいやすいため、食物だけでは十分な量を摂るのが難しいのです。

日本では2001年に厚生労働省から栄養補助食品として認可されたばかりの新成分です。

サプリメントとして使われるMSMには、針葉樹の一種である松などから抽出されていますが、それは松の木にはMSMが高濃度に含まれているからです。


◆メチルサルフォニルメタンの効能

■シワの予防改善
MSMサプリメントはアメリカでは特にスキンケア、ネイルケアの部門で高い効果が認められて非常に人気の高いサプリメントとなっています。

皮膚のタンパク質のうち70%前後がコラーゲンの形状をしていますので、コラーゲンはお肌を構成する主要成分と言えます。MSMは、コラーゲンの形成を促進する働きがあり、MSMが、不足すると、作られるコラーゲンが弾力の無いスカスカのコラーゲンになってしまいます。

MSM(硫黄)は加齢とともに吸収量が減ってきてしまいます。若いうちは弾力のあったお肌が歳とともに弾力を失ってシワになるのは、MSMが食事から吸収できにくくなって不足するところにも、理由があるとされています。

そのため、年齢を重ねるほどMSMを摂る事でお肌の改善ができるとされています。

よく日本人はコラーゲンを作るためにコラーゲンを経口摂取するという方法を採ります。しかしアメリカではコラーゲンを作るためにコラーゲンを経口摂取するということは非常に少なく、MSMサプリメントを摂ることが多いのです。

なぜなら、コラーゲンを構成する主要成分はタンパク質で、タンパク質の摂取なら肉や魚で十分であるからです。また肉や魚を構成するタンパク質の70%はコラーゲンの形状をしており、高い費用をかけてサプリメントとしてのコラーゲンを経口摂取する意味はあまり無いと考える人もいます。

加齢とともに、主要成分であるタンパク質は食事からで十分に足りているのに、お肌の弾力が落ちてしまいます。弾力ということに限って言えば重要な鍵を握っているのがMSMです。MSMにはコラーゲンや様々な物質に弾力を与える働きがあります。

■発毛効果
MSM(メチルサルフォニルメタン)は、人の皮膚、髪などに含まれていて、たんぱく質、コラーゲン、ケラチン(ケラチン:髪や爪などを形成する物質)等の生成に関与しています。

MSMサプリメントには天然パーマなどを矯正して髪の毛をより美しくすることも働きも報告されています。

女性が加齢とともに髪の毛が細ってくるのは食事から吸収できる硫黄(メチルスルフォニルメタン)の量が少なくなり、コラーゲンを十分に作れなくなるからだとされています。

MSMと共にその他のサプリメントで、十分に栄養補給をしてあげれば、毛母細胞の新陳代謝も上がり、更にヘアケアに良い方向性を与えられることが多くの実験で判っています。

■痛みの軽減
最も注目されている作用は疼痛軽減作用で、アメリカでは関節炎治療に臨床医が使用し有効性を立証しています。

イオウ成分というのは、軟骨の成分である繊維質・コラーゲンの形成を促進する働きがあり、関節痛、腰痛、リウマチ、肩や背中の痛み、筋肉痛などによる“慢性痛に効果”があるといわれています。

痛みを感じるのは、炎症の刺激が神経を通って脳に伝えられるのですが、MSMは、神経の伝達をジャマすることで、痛みを緩和するとされています。また、MSMは、炎症を消したり、血管を拡げて、血流量を増やすなどの作用があり、そのことも痛みの軽減に寄与するようです。

このMSMが、痛みの治療に対して初めて使われたのは、約20年前、オレゴン州にある、ヘルスサイエンス大学のクリニックで、痛みの改善に効果があることが認められ、MSMには、非常に多くの痛みの軽減に効果があるとされています。
  
■アレルギーや花粉症の改善
MSMには、細胞の壁を柔らかくして必要な栄養素が細胞内に入り易くし、また、不要物が細胞から排出されやすい環境にする力があります。 ですから、他の栄養素と一緒にMSMを摂る事は非常に効果的で、相乗効果を生み出します。 また、アレルギー性疾患は、原因となるものが細胞内で異常反応を起こしますが、MSMはその原因が反応を起こす前に細胞外へと排出します。

また、MSMは、皮膚や鼻腔、肺、消化器系内臓などの粘膜を強固にする働きがあり、丈夫な組織を作って外部からのアレルゲンの侵入や細菌ウィルスの侵入を防いで病気にかかりにくくなると言われています。

皮膚を強くする効果の期待できるMSMサプリメントを、アトピー性皮膚炎の改善に利用することができます。

また、花粉症の方がMSMサプリメントを使用することで、鼻や目の粘膜を強化して花粉などのアレルゲンの侵入を許さないようにすることが確認されています。


◆Hattoの成分―MSM

MSM(メチルサルフォニルメタン)に発毛効果があることは、以前からアメリカなどでは報告されていましたが、育毛サプリメントとしてはまだ発売されていませんでした。

しかし、日本で研究がなされ、MSMだけでは思うような発毛効果が出なかったのですが、他素材とある比率で組み合わされることによって驚くべき発毛効果があることが発見されました。その研究結果をもとにSUN&SUN社が、研究の成果である”Hatto”を製品として発表したのです。

hattophoto2ikumouzai.jpg

飲む育毛剤Hattoお試しパック(1ヶ月分)11,000円(税込)
一日の摂取量:α、β各8粒 内容量:300mg×各300粒


hattophotoikumouzaisankagetu.jpg

飲む育毛剤Hatto1セット(3ヶ月分)27,000円(税込)
一日の摂取量:α、β各8粒 内容量:(300mg×各300粒)各3本セット


原材料(Hatto α)
メチルサルフォニルメタン・ミレットエキス末・ビール酵母(亜鉛、クロム、セレン含有)・マカブパウダー・マルトオリゴ糖・ブドウ糖果糖液糖・サケ白子抽出物・DHA含有精製魚油・砂糖・脱脂粉乳・卵白分解物・脱脂コーン胚芽・結晶セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・ビタミンC・微粒二酸化ケイ素・カゼインナトリウム・香料・乳化剤・増粘多糖類・メタリン酸ナトリウム・酸化防止剤(茶抽出物、ビタミンE)
(原材料の一部に大豆を含む)

原材料(Hatto β)
ビール酵母・鮫軟骨抽出物・乳たん白分解物・澱粉・サンゴカルシウム・硫酸マグネシウム・結晶セルロース・ビタミンC・ショ糖脂肪酸エステル・クエン酸第一鉄・ナトリウム・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンB1・ビタミンB2・葉酸・ビタミンB12

Hatto αの主成分の一つは、メチルサルフォニルメタンです。Hattoはその他にも、ミレットエキス末・ビール酵母(亜鉛、クロム、セレン含有)などを含んでいます。

Hattoはお勧めの育毛剤サプリメントです。
Hattoは、通販でお求めになれます。

Hattoの効果は多くのリピーターを産み、雑誌などのメディアでも繰り返し取り上げられるほど。各種大手インターネットショッピングサイトでも、常に売上上位にランクイン しています。

■驚異のロングセラー育毛ケア定番アイテム「飲む育毛剤Hatto」数々の育毛ランキングに続々とランクイン!

かつらor養毛?〜GoodHairLife!飲む育毛剤ランキング第一位

「気になる!養毛剤・人気ランキング」・年代別育毛サプリメント50代部門第一位
2008年7月調べ

Hattoは、人気発毛剤です。

■Hattoの口コミ
オススメ度:★★★★★
HATTOに感謝!
K. 
私の主人が薄毛で悩んでおりました。そこでHATTOをネット上で発見し、さっそく注文致しました!主人が飲みだして、1ヵ月ほどで効果が出ました。だんだんと薄い所にうぶげが生えてきたのです。髪の毛もつやつやになり、本人は非常に満足しております。是非髪で悩んでいる方には試してほしいと思います。

オススメ度:★★★★☆
他のことも必要
匿名希望 
Hattoを使用して一ヶ月位で少し増えたかという実感がありましたが、その後はあまり変化はありませんでした。最近になって、シャンプーの仕方を変えたり、育毛剤を併用することによって、また増えていることを実感しています。Hattoに頼るだけではなく、責めの姿勢で他にもやることが必要だと思っています。 
それと、連続して購入している者には、割引サービスが欲しいと感じています。

他にも、Hatto使用者の体験談がHPにあるので確認してみてください。 




Hattoでフサフサ・ワクワクの人生を

皆さんHattoでフサフサ推進中です!気になるフサフサ具合はこちらから!

↑詳細はこちらからどうぞ
 

発毛剤、育毛剤の健康食品は他にもあります。

薄毛の悩みにカプサイシンの記事に「ダブル・インパクト」

エビネランエキス育毛剤カランサの記事に女性用育毛剤「花蘭咲」
を掲載していますのでご覧ください。




posted by あすなろ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(1) | MSM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。