2010年07月30日

エバーライフ皇潤のヒアルロン酸


健康食品に広く用いられているヒアルロン酸について調べてみましょう。

◆ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸は、関節液、目の硝子体、皮膚など私たちの体内のいたるところに存在しています。

目の硝子体(しょうしたい)は、眼球の水晶体の後方にある、透明なゼリー状の組織です。ヒアルロン酸が多く含まれており、眼球を丸く保つ役割を担っています。

皮膚の表皮の下の真皮は、ヒアルロン酸が多く含まれていて、肌の乾燥を防ぐ役割を担っています。

関節内には、関節液があり、ヒアルロン酸が多く含まれています。関節内でヒアルロン酸は、関節の動きをよくする役割をも担っています。

ヒアルロン酸はアミノ酸の一種であるムコ多糖で炭素、水素、酸素、窒素から構成されています。

また、ヒアルロン酸は1gあたり6Lの水を保持することができ、水分の保湿に関しても重要な働きをしています。ヒアルロン酸は溶かすと無色透明で、ぬるぬるした粘性のある液体であることが特徴です。体の中のヒアルロン酸は、加齢により、減少していきます。

ヒアルロン酸には動物などから抽出する天然ヒアルロン酸とバイオ製法によって作られる人工ヒアルロン酸とがあります。


◆ヒアルロン酸の特性

ヒアルロン酸は、多くの水を吸収しやすい構造を持ってるので、常に安定した量の水を含んでいます。たった1gで6リットルの水分を保持できるといわれています。

ヒアルロン酸の水溶液は、無色透明でにおいはありません。ヒアルロン酸の水溶液は非常にねばねばしていて粘度が高く、粘弾性物質とも呼ばれます。
濃度が高く分子量が大きいヒアルロン酸は、ジェルのようにドロっとしています。

この「高い保水力」と「高い粘性」がヒアルロン酸の特徴といってもいいでしょう。

抽出した純粋なヒアルロン酸は粉末状で白い色をした粉末状の物質です。水に溶かすと無色無臭のゼリー状になります。

ヒアルロン酸の保有量は、胎児の時がもっとも多く、成人以降は胎児の時の2割ほどまで減ると言われています。また、ヒアルロン酸は代謝が非常に早いことも減少の原因の一つです。

コラーゲンの半分に消耗するまでの期間は、6ヶ月あるのに対し、ヒアルロン酸は1〜2週間でなくなってしまいます。表皮ではわずか1日で半分を消耗し、2〜3日ですべてが入れ替わってしまいます。


◆ヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。

目の硝子体に含まれるヒアルロン酸は、緩衝作用や組織形状の維持などの役割をします。

関節には関節液という潤滑油の働きをする液体があり、ヒアルロン酸はその中に含まれ、クッション作用をしています。また、関節を動かしたりするときにかかる衝撃をやわらげるなどの重要な役割を果たしている関節軟骨の構成成分でもあります。

また、皮膚の真皮の中で、ヒアルロン酸は、肌の乾燥を防ぐ役割を担っています。


◆ヒアルロン酸の欠乏症状

ヒアルロン酸が欠乏すると、さまざまな欠乏症状が現れます。

人間の肌は2層からできていて、外側から表皮・真皮となっています。
特に真皮細胞がヒアルロン酸の減少により変化してしまって薄くなってしまいます。

その結果、肌にしわが形成されてしまったり、乾燥肌、シワ、肌荒れ、たるみなどの老化現象が現れてしまいます。

また関節には屈伸などすると痛みが生じたり、五十肩などなりやすくなります。

目に関しても乾燥して疲れ目になりやすく、その影響で視力低下にも繋がります。

体内の水分を維持するためにはヒアルロン酸は必須の成分といえるでしょう。


◆ヒアルロン酸の関節注射

ヒアルロン酸を関節注射剤として開発されたきっかけには、競走馬が深く関わっています。 関節炎を患い、廃馬寸前だった競走馬の関節にヒアルロン酸を注射したところ、その馬はレースに出場できたばかりか、勝利を収めたのです。馬に効くなら、人にも応用できるのではないか?ということで、 ヒアルロン酸への期待が高まりました。


◆ヒアルロン酸注射による美容整形

ヒアルロン酸を体内に注射・注入することで「しわ」や「たるみ」を改善する美容整形があります。

効果が持続するのは数ヶ月〜1年程度といわれていますが、いわゆるプチ整形と呼ばれ切開する必要なく気軽に行えるので最近人気の美容整形となっています。


◆ヒアルロン酸の摂取

食べ物から摂取できますが、ヒアルロン酸は身近な食品だと、魚の目玉やニワトリのトサカ、海草のぬめっている部分や豚の足、さめの軟骨、中華によくあるフカヒレなど、普段の食卓ではなかなか食べることのない食品に含まれており、日常的に摂取することは困難です。

そのため現在ではサプリメントなどを利用して、ヒアルロン酸不足を補う人が増えてきているのです。


◆経口摂取の必要性

化粧品からのヒアルロンは表皮のみの潤いを保つだけで、肝心な真皮までなかなか浸透しないのが現実です。

また、ヒアルロン酸の代謝は早く、表皮部分では1日でなくなってしまうので、毎日の摂取がより効果的です。

サプリメントなどで経口摂取することにより、より良いアンチエイジング効果が得られます。


◆エバーライフの『皇潤』


koujun100.jpg

皇潤100粒
通常8190円(税込)が初めて購入の方に限り
100粒入り1箱:6,300円(税込) (23%OFF)


koujyun2.jpg

皇潤180粒1個12,600円


主成分はヒアルロン酸です。
エバーライフの『皇潤』は、健康的な生活を送るためのサプリメントです。
エバーライフの『皇潤』は通販でお求めいただけます。









  




Yomi Search 自動リンク集に登録しよう



posted by あすなろ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒアルロン酸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145332622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。