2010年05月01日

きのこキトサンでダイエット






きのこキトサンについて調べてみましょう。

○きのこキトサンとは 

多糖類の一種であるキトサンには、海老などの甲殻類から抽出したキチンキトサンと、キノコ類から抽出した、きのこキトサンの二種類があります。両者の大きな違いとして、βグルカンと言う成分が、キノコキトサンには含まれますが、キチンキトサンには含まれていないと言う事が上げられます。

その為、きのこキトサンは、別名をキトグルカンとも呼びます。

つまり、きのこキトサンとは、シメジ、エノキダケ、シイタケ、マイタケ、アガリクスダケなどの食用キノコから抽出された「β−グルカンと複合したきのこのキトサンです。

従来は、きのこキトサンの精製は、非常に困難だとされていました。
然し、国でも特別な予算を計上して、研究開発を行った結果、2004年についに世界で初めての効率のよい抽出・精製法が開発されました。

きのこキトサンの特徴のひとつに、その安全性の高さがあげられます。
きのこキトサンの安全性は公的機関で証明済みですが、原料であるきのこは食用として長期にわたり人類の食生活でお馴染みのものばかりです。きのこキトサンは甲殻類(カニ、エビ)由来キトサンにまれにみられるアレルギー反応の心配もありません。

脂質の摂りすぎは肥満を招くほか、血中コレステロールや中性脂肪の増加による生活習慣病の原因になりますが、きのこキトサンはそれらの物質の増加を抑制する効果が実験により証明されています。


○βグルカンとは

βグルカンとは、ブドウ糖が長く繋がってできた多糖体で、抗がん効果で有名な、アガリクス茸やマイタケなどの、キノコ類や酵母、海藻類などに多く含まれている成分です。

きのこキトサンの、肥満解消効果のベースとなる成分が、βグルカンです。それは、βグルカンには、脂質の凝集や、余分な体内脂肪を燃焼する働きがあるからです。


○きのこキトサンの特徴

■ダイエットと生活習慣病の予防
きのこキトサンには 肥満の解消、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、高血圧、便秘などいわゆる生活習慣病の予防と改善に その有効性が期待されます。

脂質の摂りすぎは肥満を招くほか、血中コレステロールや中性脂肪の増加による生活習慣病の原因になります。きのこキトサンはそれらの物質の増加を抑制する効果が実験により証明されています。

きのこキトサンは体内の酸や水分などに溶けず膨潤し腸の粘膜を薄くコーティングします。きのこキトサン100mgで畳約80枚分もの腸壁をコーティングすることが可能といわれています。

そして、きのこキトサンは脂質とくっつきやすい性質があります。また、きのこキトサンは人間の体内では消化されない性質があります。また、きのこキトサンには、腸内の油分を洗浄する界面活性剤的効果があります。それで、食事で摂った油分を包み込んで、排出する性質を持っているといわれます。

その結果、食べた脂質の消化・吸収が抑制され、きのこキトサンは付着した脂肪と一緒に対外に排出されてしまいます。

ですから、脂質をきのこキトサンと一緒に食べるならば、脂質が体脂肪として体に蓄積しにくくなる効果があります。また、体内にある脂質を洗浄し、排出する効果もあります。さらにまた、きのこキトサンには、
溜まった脂肪を燃焼する効果が確認されています。

さらに、きのこキトサンには、コレステロールの上昇を抑えたり、血糖値の急上昇を抑える効果もあります。

■健康的なダイエット
ダイエットのために油分や糖質の吸収を抑える成分は、必要な栄養素の吸収まで抑えてしまうものがあります。その結果、ダイエット時に健康を阻害したり、基礎代謝を落としリバウンドを招いたりします

しかしきのこキトサンは、油分に対する働きかけがつよく、他の栄養素の吸収を阻害しません。また油分の吸収を抑えながら、脂肪の燃焼に必要な栄養素は吸収するので、効率よく体内の脂肪を燃焼してくれます。
健康のためには、多くの栄養素が必要なので、油分だけを抑えられるというのはダイエットにとても良いということになります。


○きのこキトサンの効果

■抗肥満効果
きのこキトサン1日300mgを、食事制限をせず通常の食事を 摂取している24名に2ヶ月間与えたところ、1ヶ月目で平均1.06kg、 2ヶ月目で平均1.71kg減少しました。 最も体重減少が著しい人では1ヶ月で3.5kg、3ヶ月で7kg減少しました。

日本のデータです。平均体重72.1Kgの一般男女24名が一日300mgのきのこキトサンを二ヶ月間摂取しました。0〜0.5Kg減少した人が25%、0.5〜1Kg減少した人が12%、1〜2Kg減少した人が17%、2〜6Kg減少した人が46%いました。

■コレステロールの低下
従来は血液1デシリットルあたり総コレステロール220mg以上を動脈硬化によって様々な病気を引き起こしやすい『高コレステロール血症』としていました。

きのこキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、 試験開始前200mg/dl以上を示した被験者達の、 1ヶ月目、2ヶ月目の総コレステロールは顕著に低下しました。 一方200mg/dl未満の被験者の総コレステロールは低下しませんでした。 きのこキトサンは総コレステロールの高い人に有効であることが分かります。

■血圧の低下
試験開始前比較的高い120mmHg以上の血圧を示した被験者の、 1ヶ月目および2ヶ月目の血圧は顕著に低下しました。 一方、120mmHg未満の被験者達の血圧は低下しませんでした。きのこキトサンは血圧の高い人に有効であることが分かります。

■血糖値の低下
血糖値は100mg/dlぐらいまでなら年齢問わず安全圏だと言えます。きのこキトサン1日300mgを24名に2ヶ月間与えたところ、試験開始前比較的高い100mg/dlの血糖値を示した被験者達の、1ヶ月目および2ヶ月目の血糖値は顕著に低下しました。 一方、100mg/dl未満の被験者達の血糖値には低下しませんでした。きのこキトサンは血糖値の高い人に有効でした。

       
○きのこキトサンは食前がベター

食前の30分位前の空腹時にきのこキトサンを摂取すると、胃液で膨潤しながら速やかに通過して腸粘膜をコーティングして、後から食べた物に含まれる脂質の吸収を劇的に抑制します。また、腸内の油分は洗浄され、最大限の効果が得られます。しかし、食後に摂取しても効果は現れます。


○新しいダイエット

肥満はスタイルとしても気になることですが、健康上も動脈硬化、高血圧症、糖尿病など、生活習慣病の原因になると言われています。肥満や生活習慣病の予防のために様々な食事療法が試みられてきましたが、従来の方法は厳しい食事制限を伴うものが多く、なかなか続ける事は難しいものがありました。

そこでおすすめなのがきのこキトサンによるダイエットです。きのこキトサンによる腸内コーティング・ダイエットは、好きな食べ物を今まで通り食べながらダイエットができる全く新しい方法です。

食前30分位の空腹時にきのこキトサンを摂取するだけで、腸内がコーティングされるため、後から食べたものに含まれている脂質の吸収を劇的に抑えることができます。この事で血液中の中性脂肪やコレステロールの上昇を抑え、食べ過ぎによる体脂肪の過剰蓄積を防ぐことができます。また、肥満体質でも過剰に蓄積した体脂肪を燃やす働きが活性化し、ダイエットができます。

この腸内コーティングダイエット法なら人間の基本的な本能である「食欲」を我慢しないで、今まで通り食べながらダイエットが続けられるので、ストレスもたまりませんし、リバウンドの心配もなく、誰でも気軽に健康的にダイエットできます。


○ライフアップのニュートゥーウィーク

主成分は、きのこキトサンです。
ニュートゥーウィークは、リピーターの方からは『我慢せずにダイエットできる』と人気ダイエットサプリです。

ニュートゥーウィークは通販でお求めいただけます。
今なら期間限定のキャンペーン価格で、通常価格よりも【2,130円】もお得です






↑詳細はこちらから
posted by あすなろ at 18:28| Comment(2) | TrackBack(0) | キノコキトサン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
突然おじゃまいたします。
メタボ侍と申します。
今話題となっているアディポネクチンですが、現在アディポネクチン分泌促進サプリとして「アディポリック」と言うサプリがございます。
少し紹介させてください!
メタボ対策として!今TV雑誌で話題
この商品は便通が良くなることから開始され、徐々に体内のアディポネクチン値が上がってきます。

詳細の値の変化を見るのが一番分かりやすいのですが、アディポネクチン値を測る事ができる病院はまだ限られています。女性ですとアディポネクチン値平均12/ml 男性10/ml
4以下で低アディポネクチン症になると、生活習慣病や乳がん、大腸がん等になる可能性が高くなります。
都内では月島タワークリニックや麻布十番整形外科で検査が可能です。

また、脂肪燃焼を即すために、できれば毎日通勤に一定の時間歩く事や、週に2から3程度は軽いフィットネスができると良いようです。某有名フィットネスクラブではフィットネスと合わせた結果非常に良いダイエット効果が検証されております。

是非体の内部からダイエットに効果が有る事を御体験頂ければと存じます。

Posted by talatyam at 2010年05月01日 20:01
はじめまして!
突然おじゃまいたします。
メタボ侍と申します。
今話題となっているアディポネクチンですが、現在アディポネクチン分泌促進サプリとして「アディポリック」と言うサプリがございます。
少し紹介させてください!
メタボ対策として!今TV雑誌で話題
この商品は便通が良くなることから開始され、徐々に体内のアディポネクチン値が上がってきます。

詳細の値の変化を見るのが一番分かりやすいのですが、アディポネクチン値を測る事ができる病院はまだ限られています。女性ですとアディポネクチン値平均12/ml 男性10/ml
4以下で低アディポネクチン症になると、生活習慣病や乳がん、大腸がん等になる可能性が高くなります。
都内では月島タワークリニックや麻布十番整形外科で検査が可能です。

また、脂肪燃焼を即すために、できれば毎日通勤に一定の時間歩く事や、週に2から3程度は軽いフィットネスができると良いようです。某有名フィットネスクラブではフィットネスと合わせた結果非常に良いダイエット効果が検証されております。
http://adiponekutin.com
現在半額送料無料特別キャンーペーン開催中
是非体の内部からダイエットに効果が有る事を御体験頂ければと存じます。

Posted by talatyam at 2010年05月01日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。