2010年04月02日

無農薬の必要性




農薬の危険性について調べてみたいと思います。

○農薬とは

農薬(のうやく)とは、農業の効率化、あるいは農作物の保存に使用される薬剤の総称。殺菌剤、防黴剤(ぼうばいざい)、殺虫剤、除草剤、殺鼠剤(さっそざい)、植物成長調整剤(通称植調:植物ホルモン剤など)等をいう。・・・

虫害や病気の予防や対策、除虫や除草の簡素化、農作物の安定供給・長期保存を目的として、近代化された農業では大量に使用されている。一方、ヒトに対して毒性を示す農薬も多く知られており、使用できる物質は法律で制限されている。(ウィキペディアより)

○農薬の歴史

1948年、「農薬取締法」公布。1950年

1958年、国内最初の空中散布が神奈川県で実施された。

1962年にレイチェル・カーソンが『沈黙の春』を発表してからは、農薬の過剰な使用に批判が起こるようになった。消費者の自然嗜好や環境配慮の増加、農家からも費用や化学農薬の副作用への心配から、天敵、細菌、ウイルス、線虫や糸状菌(カビの仲間)等の生物農薬の使用も進められている。

2000年、「JAS法」による「有機農産物認証制度」発足。
(ウィキペディア)より抜粋

○農薬の種類

日本で使われている農薬は、化学物質の種類でいうと380種類で、同じ化学物質でも会社が違うと製品が違いますから、その数で数えると5500種類ほどになります。

○農薬の危険性

一部の農薬はヒトに対して毒性を持つため、農業従事者に対する健康被害、あるいは農作物への残留農薬がしばしば問題となってきた。このため、今日では農薬の使用について、法律で厳しく制限が加えられています。

現在日本で流通している農薬の90%以上は普通物であり、毒物や劇物の農薬は年々その割合が低下しています。また、2004年中における農薬中毒事故189件(死亡94件、中毒95件)のうち、156件は自他殺を目的としたもので、誤飲・誤食や農薬散布に伴うものは33件(うち死亡2件)です。

食品に対する残留農薬は食品及び農薬ごとに一日摂取許容量(ADI)を基準に残留基準が定められており、基準を超えた農薬が検出された場合は流通が禁止されます。

2000年に行われた農産物中の残留農薬検査結果によると、総検査数467,181件に対し、農薬の残留が検出されたのは2,826件(0.6%)、うち基準を超えた量が検出されたのは74件(0.03%)でした。

2001年の検査結果では総検査数531,765件に対し、検出数2,676件(0.5%)、うち基準を超える件数29件(0.01%)と、ほぼ同様の傾向でした。


○無農薬栽培は可能か

松永和紀氏(まつながわき)の書いた本 『踊る「食の安全」―農薬から見える日本の食卓』によると、「農薬を使わなくても作れる」と主張する農家がいるのは事実です。

著者の松永氏がそうした人たちの畑を実際に見て回ってわかったのは、「無農薬でもできる」と主張する人たちの畑は、小規模であることです。「農薬を使わずにで作っている」と言う農家の人たちの多くは、狭い畑で多種類の野菜を作っています。

農薬が必要になるのは、病虫害が発生するからです。なぜ発生するかというと、同じ種類の植物(作物)が、何ヘクタールにもわたって植えられ、それ以外の植物の数が極めて少ないと、植物の多様性がなくなるので、土壌中の微生物の種類が偏ったものになります。そして、地上の虫の世界でも、正常な生態系を維持できなくて、特定の虫のみが発生しがちになります。そのために病虫害が発生するわけです。

反面、畝ごとに違う作物を植えている小規模な農家は、畑の環境が多様化するので、微生物や虫などの生物の多様性や生態系が保たれ、農薬を使わなくても病虫害が発生しにくくなります。

松永氏は、人類の食糧の生産ということを考えるならば、広い土地に同じ作物を植える大規模農業は不可欠で、農薬の使用もやむを得ないという立場ですが、確かに無農薬栽培は可能であることが分かります。

○農薬による発ガンの危険

以下は海外癌医療情報リファレンスからの引用です。

NCIニュース 2009年5月29日
ニュースノート:農薬使用は多発性骨髄腫前癌状態のより高い危険性と関連する。

NCI(米国国立癌研究所)の研究者らは、農業健康調査(Agricultural Health Study)のデータを使用し、数年前に立証された農薬暴露と多発性骨髄腫との関連性を、より精緻なものとし発展させた。研究者らは、職業上農薬を使用する人、特に農業従事者では、職業上農薬に曝露しない人と比較した場合、多発性骨髄腫の確立した前駆状態(意義未確定の単クローン性高ガンマグロブリン血症)となる危険性が、ほぼ2倍増大することを発見した。これらの結果は、農薬が多発性骨髄腫の発症と生物学的に関連する、という仮説をより強く支持するものとなる。

今年、多発性骨髄腫と診断される米国人はおよそ2万人と予測され、2009年にはこの疾患で約1万人が死亡すると推定される。

○無農薬の必要性

農薬は、危険ですから、国で規制されているわけです。農家の人々の健康にも悪影響があります。国の規制によって、農薬による危険はかなり低く抑えられていると思います。

しかし、癌体質、アトピー体質の方など、農薬などの微量の有害物質に対する耐性は人によって異なります。子どもや、乳幼児、お年寄りなどの免疫力の弱い人々は、微量の有害物質によって影響を受けることがあるでしょう。

確かに、無農薬野菜、有機野菜は、そうでないものより、高くつきます。しかし、経済的に許されるならば、無農薬野菜、有機野菜を食する方が私たちの健康にとって安全だと言えます。


らでぃっしゅぼーやでは、国で認められている農薬のうち、113種類の農薬を禁止しています。この圧倒的な数が、他社より安全にこだわっている証です。




posted by あすなろ at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

有機野菜の宅配らでぃっしゅぼーや




有機栽培作物や自然食品を宅配してくれるサービスがあります。
でも、有機作物を摂取するどのような利点があるのでしょうか。


◆有機栽培とは 

「化学的に合成された肥料及び農薬の使用を避けることを基本として、多年生作物(お茶など)の場合、最初の収穫の3年以上の間、堆肥などによる土づくりを行ったほ場において生産された農産物。」
化学合成農薬・化学合成肥料・除草剤等を使用せず、化学の力に頼らないで農産物を生産する栽培方法です。


◆有機JAS法とは

2001年4月1日に発効した改正JAS法により国内で販売する農産物や農産物加工食品に「有機」又は「オーガニック」と表示するには、有機JAS認証機関による認定を取得する義務が課せられました。

有機JAS法制定以前はオーガニックの基準や認定方法が曖昧なことに加え、規制もなく誤解を招く表示も多かったのです。しかし、日本でも有機JAS制度の導入により有機農産物・加工食品の基準が明確にされました。

「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。


◆有機栽培と無農薬栽培の違い

有機栽培
栽培中に、化学合成農薬と化学肥料の使用が禁止されています(ただし、指定された天然系農薬の使用は認められています)。土壌中に、農薬や化学肥料が残っていれば意味がありませんので、米や野菜などの1年生作物は、種まきや植え付けの前2年間、多年生の作物は前3年間使用していないことが条件です。

有機栽培は、農林水産省の認可がある認定機関からの、認定を受けなければなりません。この認定を受けた生産者のみが、「有機農産物」あるいは「有機栽培」、「有機○○」の表示とJASマークをつけて販売することができることになっています。

無農薬栽培
農薬を一切使用しないで栽培をする方法ですが、化学肥料は使うことができます。


◆有機栽培の利点

従来の化学肥料や農薬を使った農法は土壌が荒れやすく生態系の破壊にもつながります。もともと日本では有機農法の技術があったことから、生態系との共存という観点から、国をあげて有機栽培を推奨することになりました。

消費者が有機作物を摂取したときのメリットは様々なものがあります。日本のみならず世界中の研究機関で有機作物の健康に与える影響が調査されていますが、有機作物の方がビタミンやフラボノイドなどをより多く含むという研究データが公表されています。そのため、細胞の老化を食い止める効果が期待されています。

このように健康食品という視点でも有機野菜は大きな利点があります。

また、有機野菜は栄養価が高いだけでなく、色鮮やかで風味もよいという利点もあります。


◆らでぃっしゅぼーやの有機低農薬の野菜宅配

らでぃっしゅぼーやでは、旬野菜や自然食品の宅配サービスを行っており、旬野菜をセットにしたぱれっと・お好きな食材を宅配する元気くん等多数の自然食品を週1回ご自宅の玄関先までお届けしています♪


毎週決まった曜日に決まった有機・低農薬野菜セット「パレット」をお届けします。4サイズから選べます。
有機・低農薬野菜を箱詰めにしてお届けする、基本セットです。


admission_ph01radishbouya.jpg

決まった曜日に、らでぃっしゅ専用車でご自宅まで安全でおいしい食材をお届けします。
(らでぃっしゅ専用車エリア外はヤマト便でお届け)


otodokerei.jpg


ss1人向けたまご6個入り
野菜約8種果物約2種
2,527円/回

s1〜2人向けたまご6個入り
野菜約7種果物約2種
2,527円/回

M2〜3人向けたまご6個入り
野菜約8種果物約2種
2,947円/回

L3〜5人向けたまご6個入り
野菜約10種果物約2種
3,367円/回

・食材を毎週宅配するらでぃっしゅぼーやの「4週間のお試し宅配」があります。入会金・年会費なしの商品代金だけでお試しいただけます。
・4週間のお試し宅配の間は送料無料です。(らでぃっしゅぼーや専用車エリアのみ)


2回目のご注文以降、13種類の「ぱれっと」から生活スタイルにあわせてお好きな「ぱれっと」を選べます。ライフスタイルにあわせて、野菜の量で「ぱれっと」を選んでいただき、オプションとして“くだもの”“たまご”をおつけいただくことも、抜きにすることもできます。
※たまご6コ・10コとの組み合わせで39種類セット価格があります。

+カタログ「元気くん」の年鑑7,000品目から選んで注文できます。
アレルギー対応商品も約170品目の品揃えで充実しています。
お肉やお魚、日用品まで、その都度必要なものをカタログから選んでひとつからご注文いただけます。 



↑詳細はこちらから


有機野菜の宅配は他にもオイシックスがあります。
無農薬の必要性についてはこちらをご覧ください。
posted by あすなろ at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機野菜の宅配

無農薬の野菜をとる必要があるでしょうか

◆農薬は有害か

農薬は本当に有害なのでしょうか。農薬の有害性については、さまざまな研究がなされています。

第5回 日本有機農業学会 岡山大会において、青山内科小児科医院の青山 美子医師は「農薬をはじめ、人工的な化学物質が人の健康に及ぼす影響の実態と対策の課題」という題で講演されました。青山医師の講演資料は、インターネットで公開されています。

青山医師は、1979年頃から、来院する患者の診療を通じて、農薬の散布と患者の因果関係に気づき、横浜国立大学環境科学センターと共同して、農薬の大気汚染について調査・研究を重ねてきました。

それによると、全国でラジコンヘリコプターによる高濃度有機リン系農薬の空中散布が広範囲に行われた結果、小児・小中学生の慢性有機リン農薬中毒症状(特に、ぜん息と精神障害)を示す患者が顕著に増加しているということです。そして、これらの症状の後に現れる「化学物質過敏症」が、より深刻な問題となっています。

また、散布した場所から1,500mも離れた所に住んでいる人でも、呼吸困難に陥って病院に駆け込んできることがあるそうです。特に深刻なことは、有機リン農薬の散布により急性の痴呆などの精神障害が起こることです。


同じ様に有機リン農薬にさらされても、発症する人と発症しない人がいます。それは、有機リンの解毒に関係する酵素の活性の違いが原因です。有機リン農薬は、神経の形成をおこなう妊娠6か月から生後1年までの子どもが、もっとも敏感で、もっとも影響を受けると青山医師は述べています。有機リン農薬へさらされることにより、多動障害や記憶障害が起こることが、マウスを使った生理学的な研究で実証されているそうです。子供たちの間でこれらがすでに現実となっています。青山医師の講演資料について詳しくは、こちらをご覧ください。

◆農薬散布を自粛したら―毎日新聞の報告

毎日新聞 2007年1月31日 東京朝刊からの抜粋です。

有機リン系農薬:無人ヘリ「散布」自粛の群馬県、過敏症患者が大幅減

 群馬県は昨年6月、全国で初めて無人ヘリコプターによる有機リン系農薬の散布自粛を決めた。通学中の子供らが農薬を吸い込み、健康を害する恐れがあるなどが理由だ。自粛後、農薬などに過敏な患者が減ったという現象も報告された。他県の動向が注目される中、環境省は大気中の農薬を吸入した場合の健康への影響について調査を始めた。【小島正美】

  ◆呼吸困難に

 有機リン系農薬は神経の働きを阻害して害虫を殺す殺虫剤。日本では主にウンカなど水田の害虫防除にフェニトロチオンなどが使われている。

 人が吸い込んだ場合には呼吸困難や注意力、視覚機能の低下などの影響を指摘する報告があり、欧米諸国では使用規制の動きも出ている。

 こうした中、小寺弘之・群馬県知事は昨年6月「有機リン系農薬と健康被害の因果関係がはっきりしているわけではないが、予防原則の観点から、無人ヘリコプターによる散布を自粛してほしい」と農協や市町村、防除業者などに要請した。同県は05年、約2400ヘクタールで無人ヘリコプターによる農薬散布を実施、うち約1138ヘクタール(約47%)で有機リン系農薬を使っていた。関係団体は要請を受け入れ、昨年7〜10月の散布時期に有機リン系農薬の使用を自粛した。

 ◆苦情も減る

 農薬などに過敏な人たちを数多く診ている内科小児科医師の青山美子さん(前橋市)によると、自粛後、通常なら農薬の被害で駆け込む患者が大きく減ったという。水田に住宅地のある同県南部の玉村町では農薬散布への苦情も減った。
毎日新聞 2007年1月31日 東京朝刊


◆有機野菜を食べる必要がありますか

青山医師の報告は、農薬の空中散布の影響に関する報告です。また毎日新聞は群馬県で農薬散布を自粛した所、健康被害が減ったということを報告しています。この報告は、確かに農薬が、私たちの健康に有害であることを示しています。青山医師は、食べ物を通して、農薬にさらされる可能性は小さいものであると、述べていますが、さまざまな形で農薬を長期間体内に取り入れた時の慢性的な影響は、無視できないでしょう。

確かに今日、お年寄りの原因不明の精神障害、子どもたちの間での多動障害の問題が起きています。農薬の影響は、お年寄りや小さな子供などの弱者に大きく出ると言えます。このことを考えてみると、とりわけお年寄りや小さな子供などを抱えている家庭は、食べ物や、飲み物から農薬を影響を排除したものを取り入れた方が望ましいと言えるでしょう。


◆オイシックスのおためしセット

otameshi_1980_prc.jpg

Oisixでは新規のお客様向けに「おためしセット」「おためしセット・ミニ」などをお求め安い価格でご用意しております。

オイシックスもったいないおためしセット
送料無料
合計3,200円(税込)相当

1,980円(税込)
■かぼっコリー
■ふぞろいプチエリンギ(福島県産)
■ふぞろいにんじん(茨城県産)
■ジューシーきゅうり(福島県産)
■とろーり絹豆腐4P
■牛乳北海道根釧地区MILK(ミルク)
■神山鶏モモ(クール)
■濃厚な新鮮たまご(4個)
おいしっくす人気商品 はつみつりんご酢♪+Feをプレゼント
販売期間:2010年7月15日(木)8:00〜7月22日(木)8:00

オイシックスたっぷりおためしセット
送料無料
合計4,100円(税込)相当

2,900円(税込)
販売期間:2010年7月15日(木)8:00〜7月22日(木)8:00

配送物の配送料は、オイシックスが個別ページに配送料の当社負担を明示した場合を除き、お客様が負担するものとします。

Oisixの新規のお客様向けの「おためしセット」は送料無料です。

nouyaku.jpg


otameshi_1980_prc.jpg






↑詳細はこちらから


有機野菜の宅配は他にもあります。

らでぃっしゅぼーやは、有機栽培の利点の記事をご覧ください。

posted by あすなろ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 有機野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。