2010年03月22日

ドリンクコラーゲン





お試しサンプルはこちらアスタリフトコラーゲン



○コラーゲンとは

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。

コラーゲンは人体のたんぱく質の代表とも言えるものであり、約10万種ある生体内のたんぱく質のうちの、実に約30%はコラーゲンが占めています。全コラーゲン量の40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在しており、その他血管や内臓など全身に広く分布しています。皮膚では、乾燥重量の85%、骨では、カルシウム化合物を除いた90%がコラーゲンであると言われています。
                   
それだけ人間の身体にとって大きな存在です。

コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されています。ゼラチンの原料はコラーゲンであり、化粧品、医薬品などにも様々に用いられています。


○コラーゲンの体内での役割

コラーゲンは、細胞と細胞をくっつける糊(のり)のような役割を果たしているのと同時に、細胞を正しい位置に整然と配列させる区画あるいは仕切りのような役割も果たしていると考えられます。


○コラーゲンの性質

コラーゲンは熱を加えることによって溶けるという性質を持っています。これは一般的な他のたんぱく質の、熱を加えると固まる(卵の白身などをイメージして下さい)という性質に相反しています。

私達が普段食物やサプリメント等から摂取しているコラーゲンの大半は、このように熱によってゼラチン化し、ある程度までバラバラになったものであり、これが胃や腸のたんぱく質分解酵素によってアミノ酸あるいはペプチドにまで分解され、体内に吸収されていきます。

摂取したコラーゲンがそのままの形でコラーゲンになることはありません。必ず分解という過程を経て吸収されアミノ酸になり、それらを材料として人間用のコラーゲンが生成されるものと考えられます。


○コラーゲンの効用

コラーゲンの効用としては、美容効果骨、関節疾患に伴う症状の緩和、骨形成促進作用などがあります。


○コラーゲンを豊富に含む食品

コラーゲンはゼラチンやにかわの原料であり、古くから食材として利用されています。コラーゲンは熱によって溶ける性質を持っていますので、私達は皮や骨付きの肉、皮の煮込みや豚骨スープ、魚の煮汁(煮こごり)などの料理から日常的にコラーゲンを摂取することができます。

コラーゲンが豊富に含まれる食材としては、他にも、豚足やふかひれ、鶏の皮、手羽先、なまこ、あんこう、かれい、牛すじ、牛テール、サザエや煮こごりなどがあります。


○コラーゲンとビタミンC

ビタミンCが欠乏するとコラーゲン合成に異常をきたします。ビタミンCや鉄分を一緒に摂取すると、コラーゲンの吸収が高まり、コラーゲン合成が促進されやすくなります。

ですから、もしサプリメントを利用してコラーゲンを摂取しようとするのであれば、コラーゲンだけでなく、ビタミンCや鉄を一緒にとるようにすると、効率的です。

ビタミンCは、コラーゲンの合成を促し、痛みを抑える働きを持つステロイドホルモンの分泌を助けます。

ビタミンCを豊富に含んだ食品を摂取しましょう。ビタミンCは、野菜や果物に豊富に含まれています。ビタミンCが豊富に含まれている食品を豚骨スープなどと一緒に食べるといいでしょう。


○コラーゲンの吸収

通常タンパク質はアミノ酸まで分解された後、腸管で吸収されると考えられています。
ところが近年、コラーゲンペプチドは、大きな分子量のまま小腸で吸収されるという医学的な報告もあります。しかし、十分多くの報告があるわけではないので、低分子のコラーゲンを摂取しても問題はないでしょう。


○たんぱく質摂取の必要

コラーゲンをコラーゲン鍋や、サプリメントで補給しても、体内に取り入れた物全てがコラーゲンとして体内で働くわけではありません。
なぜなら、体内に入ったコラーゲンは、次のように分解されます。@タンパク質の構成要素であるアミノ酸に分解され、A不足しているタンパク質から優先的に合成されます。

つまり、他のタンパク質が不足しているとコラーゲンにはならないわけです。
できるだけコラーゲンとして合成させるには、良質なタンパク質を日頃からしっかり摂っておくことが大切です。


○コラーゲンが不足すると

人間の体は約20%がタンパク質で、その3分の1はコラーゲンでできています。コラーゲンはそれだけ、人間の体になくてはならないものです。コラーゲンは皮膚に最も多く存在していますが、紫外線、電離放射線、などによって発生する活性酸素により質、量ともに変化します。また加齢により合成が低下してしまうため、分解される量が合成される量を上回り、その結果として、しわやしみが発生していわゆる皮膚の老化が起ります。

また、コラーゲンが不足すると髪が細くなったり、ツヤがなくなったり、また、骨がもろくなり骨粗鬆症にもなったりします。また、関節の痛みや変形、骨の衰えなどの症状が出てきます。



○コラーゲンと関節炎

変形性関節症に伴う諸症状が、コラーゲンペプチドの摂取により改善されるという報告は多くはありませんが、ドイツで行われた臨床試験では、52名の変形性関節症の患者に1日あたり10gのコラーゲンペプチドを2ヶ月間投与し、対照群と比較したところ、患者の半数に改善効果が認められたということです。

一方、米国、英国及びドイツの患者を対象とした臨床試験では、6ヶ月間、1日10gのコラーゲンペプチドを摂取しても変形性関節症に伴う痛みに対しては改善効果が認められない事が明らかにされました。

コラーゲンに関する研究はまだ多くなく、これからまだ多くの研究が望まれるところです。


○アスタリフトコラーゲン

アスタリフトコラーゲンは、健康的な生活のためのコラーゲンサプリメントです。
アスタリフトコラーゲンは通販でお求めになれます。



富士フイルムのコラーゲンドリンク♪お試しサンプルはこちら






ラベル:コラーゲン
posted by あすなろ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。