2010年04月06日

タツノオトシゴ―ラブアゲインの成分






ラブアゲインの成分タツノオトシゴについて調べましょう。

○タツノオトシゴとは

またはウミウマ、カイマ(海馬)と言います。タツノオトシゴは、プランクトンを食べて生きている立派な魚です。コウジウマ科ウミウマ属の魚で、体長5〜15cm、細長く伸びた尾部を海草に巻きつけて休んだり、直立したまま静かに移動したりします。

また出産については、メスがオスの持っている育児嚢(カンガルーのような袋)の中に産卵します。オスが自分の育児嚢の中で卵を受精させ、稚魚を産み落とします。

オオウミシマ、イバラタツ、大海馬などを乾燥したものが、漢方薬や食品として使われています。

タツノオトシゴは熱帯から温帯の浅い海に生息する海水魚です。
タツノオトシゴは強壮効果が高く、世界で人気が上昇しました。そのため原産地で乱獲が続き絶滅の危機にさらされています。


○タツノオトシゴの有効成分

タンパク質、脂肪、多種のアミノ酸を含んでいます。


○タツノオトシゴの効果

■男性ホルモン様作用
タツノオトシゴには、男性ホルモンのような作用があり、同様の強壮作用をもたらすと言われています。生物の性機能に及ぼす効果・効能は実験でも証明されています。

漢方におけるタツノオトシゴは、強壮薬として疲労回復、ED(勃起不能障害)や精力減退、遺精に用いられます。  

■腎機能強化
中国の漢方や薬膳料理では、タツノオトシゴは補腎(腎機能を強化する)作用があるといわれよく用いられます。

腎機能を強化するということから、慢性腎炎やネフローゼ、腎不全、老人の頻尿や尿失禁、夜間多尿、それに前立腺肥大や前立腺炎による排尿困難などの治療にも用いられることがあります。  

■女性の不妊症
女性の子宮発育不良による不妊症にも用いられますが、分娩を促進する作用がありますので妊娠中の使用は医師に相談したほうがいいでしょう。


○タツノオトシゴの養殖

少なくとも年間2500万匹のタツノオトシゴが漢方薬や美術品として取引され、それにかかわる国や地域は77にも上るそうです。

クロウミウマはインド洋から太平洋にかけてのマングローブや海草が繁茂する比較的浅い場所に生息しています。この種類は多くの東南アジアの国々で漢方薬として取引されており、国際自然保護連合により危急種に指定されています。

近年、タツノオトシゴの資源保護活動が認められ、ワシントン条約でも国際取引規制を執り行うことが可決されました。

養殖実験は インド国立海洋研究所で2008年後半から始められ、養殖に成功しています。絶滅の危機に瀕した種の完全養殖に成功したことは養殖業や保護の面でも意義は大きいと 研究所は語っています。

日本では鹿児島県で、タツノオトシゴを養殖する試みがなされています。
これからは人工的に養殖をおこなうことによって、天然資源に影響を与えずに利用する試みが期待されています。 

○ラブアゲイン

ラブアゲインは、精力アップの効果のあるタツノオトシゴを主成分としています。

ラブアゲインは健康的な生活を送るためのサプリメントです。
ラブアゲインは通販でお求めいただけます。

精力アップサプリメント【Love Again】
は、16種類の天然成分を強力配合した最強・最高ランクの精力剤!
posted by あすなろ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | タツノオトシゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。