2010年04月28日

黒酢の効能






黒酢について調べてみましょう。

○黒酢とは

黒酢には、福山黒酢の様な、日本で作られる黒酢と、香酢と呼ばれる中国で作られる黒酢の二種類がありますが、今回は、国内で作られる黒酢について調べてみましょう。

日本で黒酢が作られ始めたのは、200年ほど前で、中国より技術が伝えられ、鹿児島県福山町でできた壷酢が原点とされています。

黒酢とは穀物酢の一種で、大麦や玄米を壷の中で1〜3年と長期間をかけ発酵・熟成させた琥珀色の酢のことです。熟成時間を長く置くことで、麹菌や乳酸菌の作用が進み、黒酢の成分の含有量も増えていきます。

普通の酢に比べてアミノ酸の含有量が格段に多くなってます。普通の穀物酢のアミノ酸含有量が約0.5%ぐらいですが、黒酢は穀物酢の約4倍の約2%もアミノ酸を含みます。

また、黒酢(クロズ)の特徴でもある琥珀色も、時間が経つごとに徐々に増加していきます。

この黒酢の成分と言える栄養素には、有機酸や、ビタミンCなどの水溶性ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などが豊富に含まれています。


○鹿児島県福山町の黒酢

黒酢の発祥地である鹿児島県福山町は、夏は涼しく冬が暖かいという過ごしやすい気候の土地柄、黒酢を造る上で最適な環境が整っています。黒酢の原料となる鹿児島県産の良質なお米、原料の質をより高めるためにもシラス台地に湧き上がる天然水は不可欠です。また鹿児島県には、昔ながらの伝統製法を変えずに行うための薩摩焼のかめ壷(アマン壷)が揃っています。


○黒酢と普通のお酢の違い

黒酢と普通の食酢の違いは、色と匂い、そして舌触りの3つがあげられます。黒酢と普通の食酢の見た目や味の違いについては製法によって違いができるようです。

普通の食酢は、約3ヶ月程度でできるそうです。黒酢は麹や酵母、乳酸菌を使って発酵させるのに一年以上の長い時間をかけます。壺の中で熟成を待ち、発酵させるという方法が普通の他の食酢と違うところです。

長い時間をかけることで、より熟成させることができ、それによってアミノ酸が大変豊富に含まれる黒酢が出来上がります。アミノ酸だけではなく、クエン酸、コハク酸などの有機酸や、ビタミンとミネラルも普通の食酢に比べて多く含まれています。


○黒酢の成分

クエン酸、酢酸、コハク酸、乳酸、ミネラル、必須アミノ酸アミノ酸等やビタミンCなどの水溶性ビタミンなどが豊富に含まれます。

人間が必要なアミノ酸は20種類と言われています。この中で、人間の体内で合成できるアミノ酸は11種類あり「非必須アミノ酸」と呼ばれています。
体内で合成できない9種類は「必須アミノ酸」と呼ばれています。必須アミノ酸は外から補う必要があります。必須アミノ酸はとても重要な栄養素で一つが欠けるだけでも栄養障害になる可能性があります。

黒酢にはこのリジン、フェニールアラニン、アラニン、メチオニン、ロイシン、アルギニン、グリシン、バリンと言った必須アミノ酸が全て含まれています。それ以外にもアミノ酸を18種類も含んでいます。体にとってとてもすばらしい飲み物と言えます。

それ以外にも、免疫力向上の効能のあるポリサッカローズと言う 多糖類も含んでいます。


○黒酢の効能

■疲労回復・筋肉疲労回復
人間が活動すると身体に乳酸やピルビン酸などの疲労物質が残ります、これらの疲労物質をお酢の主成分である酢酸が分解してくれます。
また、黒酢には有機酸が含まれています。有機酸の効能として運動などをすると多く分泌される乳酸を追い出す効果があるため、疲労回復に効果があります。

疲労の原因物質である、乳酸やピルビン酸が筋肉に貯まると筋肉疲労になります。お酢は筋肉疲労物質も分解してくれるので、筋肉痛にも効果があります。

■持久力が上がる
鹿児島県のある体育大学では、黒酢を飲むことで競技の成績を上げている。自転車部では、ミネラルウォーターで黒酢を20倍に薄めたものを練習中などに飲むなどで、持久力が高まり、高校時代は大会で優勝することがなかった選手が、大学では大会優勝を何度も果たすなど成果を挙げています。

■高血圧改善効果
お酢には、高血圧抑制効果があります。
お酢の血圧低下作用は2002年の医療機関とミツカンによる臨床試験で実証されています。

■コレステロールを正常化
お酢はコレステロールの抑制効果も確認されています。
お酢は、コレステロールの生成を抑制する働きがあるといわれています。

■ダイエット効果
黒酢には、ダイエット効果を促すアミノ酸が豊富に含まれています。脂肪の吸収を抑える抗肥満アミノ酸、脂肪の燃焼を促す脂肪燃焼アミノ酸の両方が含まれています。バリンなどの抗肥満アミノ酸は、筋肉の代謝を高める効果がある為、体の余分な水分を排出します。また、脂肪の合成を阻害します。

■冷え症・貧血・肩こり
女性の敵「冷え症」で末梢血管への血液循環不足が原因の場合、お酢は効果があります。
冷え症などと共に「貧血」の症状がある場合も、効果が期待できます。 末梢血管への血液循環不足は、肩こりも起こします。血液循環不足の肩こりにも効果を期待できます。

■食中毒の予防
強い殺菌力があるので、腐敗菌の繁殖を抑えて防腐作用を発揮し、食中毒の予防をします。

■美肌
血行不良はお肌にとっても悪い影響を与えます。くすみ、肌荒れ、色黒などは、血行不良が原因の場合があります。血行が改善されると美肌に効果があります。

■若返り効果
黒酢に含まれるアミノ酸を摂取することによって、 ヒト成長ホルモンという、重要なホルモンが分泌されます。このホルモンは、古い細胞をどんどん新しい細胞にしていきます。つまり、黒酢で積極的にアミノ酸を摂取することで若々しさの維持と、若返りが期待できます。

■血液をサラサラにして生活習慣病の予防に
黒酢には、血液をサラサラにする「赤血球変形能」を改善する働きがあります。この働きによって、血液の循環がスムーズになることはすでに医学的に実証されています。

そのため、血液の循環が悪くなって発症する様々な病気、例えば、高血圧、動脈硬化、糖尿病、高脂血症、血栓症といった、いわゆる生活習慣病の予防と改善に効果が期待できます。

■癌の抑制
最近の研究では、日本癌学会の研究成果として「動物実験などにより、黒酢がヒトのがん細胞の繁殖を抑える効果がある」と発表され大きな話題となりました。
黒酢に、ヒトがん細胞に対する増殖抑制効果や動物に対する大腸がん予防効果があるいう研究結果が発表されました。


○えがおの黒酢

アミノ酸が不足すると、体にさまざまな変調が起こります。特に必須アミノ酸が足りないと、不眠症やイライラ、情緒不安定、免疫力の低下、肌あれなどが起こりがちです。
えがおの黒酢の総アミノ酸含有量は一般の食酢と比べて約120倍もあります。

えがおの黒酢は健康のためのサプリメントです
えがおの黒酢は通販でお求めいただけます。

えがおの黒酢
郵便の場合                    送料無料
宅配便の場合 金額が5000円以上の場合 送料無料です。
posted by あすなろ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 黒酢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。