2010年07月07日

野菜不足に大麦若葉青汁




↑詳細はこちらからどうぞ


青汁の成分になっている大麦若葉について調べてみましょう。

oomugi.jpg


◆大麦若葉とは

イネ科の植物。大麦が実を付ける前の若葉のことです。この時期の大麦若葉は成長期ということもあり、ビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に含んでいます。

大麦は栽培の途中、新芽を何度も踏みつけることで株分けがおこって増えます。この麦踏みで1本から5、6本に増えた新芽をつみ取ります。大麦若葉の収穫が可能になる早春、成長期の真っ只中にある草丈20〜30センチ「一番刈りの若葉」が最高の品質とされています。

大麦若葉は他の緑黄色野菜に比べて栄養素を多く含んでいます。ビタミン、ミネラル、クロロフィル、タンパク質、酵素なども含まれているほかに、アミノ酸が2〜100個ほど結合した「ポリペプタイド」も含まれています。


◆青汁にふさわしい大麦若葉

野菜や薬草類、植物の中でどの材料が本当に青汁に最適なのか、もっとも適した葉は何か、ひとりの学者によって100種類以上もの葉についての分析、研究が行われました。その結果、ミネラル、ビタミン、クロロフィルといった有効成分を豊富に含み、生命力が旺盛で、味もよい「大麦若葉」が、最も青汁にふさわしいという結論に至り、青汁として利用されるようになったようです。

また、150種類の野菜の栄養価について調べたところ、大麦若葉の栄養が特にすぐれていました。例えば、ミネラルの宝庫と言われる「モロヘイヤ」と比べて、カルシウムは4.3倍、カリウムは15.8倍、βカロチンは3.1倍も多く含まれていました。

大麦若葉には、中性脂肪の減少や、コレステロールの抑制と言った効果があり、胃潰瘍や糖尿病を改善し、アトピー性皮膚炎で悩んでいる人にも症状の軽減などがあるようです。

大麦若葉と言うのはそんなに匂いや味にくせがないので、どちらかと言うとケールの青汁より飲みやすいようです。

便秘気味の方、日頃より野菜不足の人、そして不規則な食生活の方などに本当に最適です。


◆大麦若葉の栄養

■ミネラル
大麦若葉には、ほうれん草と比べると、カルシウムは10倍以上、貧血を防ぐ鉄も4.8倍、カリウムが約18倍、マグネシウムが約4倍含まれています。他にも銅、マグネシウム、亜鉛、マンガンなどのミネラルなどの栄養がたっぷり含まれています。大麦若葉には、これらのミネラルがバランスよく含まれています。

■ビタミン
大麦若葉には、他の緑黄色野菜に比べ、驚くほど豊富なビタミンが含まれています。β−カロチン(ビタミンA)をはじめ、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、ナイアシン、コリンなどの各種ビタミンも豊富です。天然の総合ビタミン剤といえるほどです。

ビタミンAはホウレン草の約3倍、ビタミンCはホーレン草の約5倍、
ビタミンB1 は牛乳の約30倍、ビタミンB2は牛乳の約9倍、含まれています。

■酵素
最近、特に注目されているのが、活性酸素を分解して無害にする働きをもつ(「抗酸化物質」と呼ばれる)SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)です。大麦若葉は、他の黄緑色野菜と比較して、活性酸素を防ぐ酵素であるすSODを多量に含んでいることが確認されています。

酵素は、体内の様々な合成と分解を正常に働かせる成分です。大麦若葉には、脂肪分解酵素のリパーゼや、酸化還元酵素や、過酸化水素分解酵素が含まれています。他にも生体内の有毒物質を分解する酵素など、大麦若葉には20種類以上の酵素が含まれており、酵素の宝庫といわれるほどです。

酵素が有効に働くためには、血液は適度なアルカリ性が理想といわれいます。大麦若葉は有名なアルカリ性食品。SOD酵素を生かしてくれる、理想的な食品と言えます。

■クロロフィル
昔から「緑の血液」と呼ばれ、人が飲むと「血になる」と言われてきたクロロフィル。効能は、健胃・整腸作用がよく知られています。

■食物繊維
食物繊維については、精白米の17倍、繊維の宝庫と言われているさつまいもと比較しても4倍も多く含まれています。

大麦には、水に溶けない「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」がバランスよく含まれており、不溶性食物繊維は「便通改善効果」に水溶性食物繊維は「血中コレステロール値の抑制作用」や「血糖値上昇抑制作用」があると言われています。


◆大麦若葉の健康効果

■健胃作用
大麦若葉の作用のなかでもよく知られているのは、健胃作用です。胃痛や胃のもたれに悩む人が大麦若葉を飲むと、みるみるうちに胃の痛みや、むかつきが消えてしまうのです。

■コレステロールの減少
大麦若葉は、コレステロール値を下げるのに、大麦若葉が大変有効であるとされています。

それは、大麦若葉には、ヘクサコシルアルコールという成分が含まれていて、腸管からコレステロールの吸収を、抑制する作用がある為です。

また、現在、高コレステロール値患者の治療薬として使われているベータシトステロールという成分も含んでいて、血液中のコレステロール値を下げる働きがあります。

■糖尿病
糖尿病に対しては、大麦若葉がインスリンの機能を、補助する働きを持つため、血糖値を下げて、糖尿病の予防・改善に効果があるとされています。

糖尿病は、すい臓から分泌されるホルモンの一種インシュリンの不活性が原因です。インシュリンが不足すると、ブドウ糖が筋肉等に吸収されなくなり、血液中の糖度が高くなります。吸収されない糖はやがて尿と一緒に排泄されます。糖尿病の改善ために、インシュリン注射が治療に使われます。このインシュリンと同様の働きが大麦若葉にも認められたのです。  

大麦若葉は、ラットを使った実験で血糖降下作用を確認し、糖尿病そのものに対しても効き目があることが、判明しました。

正常マウスと、あらかじめブドウ糖を注射して高血糖にしたマウスに、大麦若葉の水溶性成分を静脈内投与したところ、血糖値は大きく下がり、しかも長時間、持続したのです。

■肝臓病に効果
大麦若葉を愛飲している人の報告で大変多いのは、肝臓の調子がよくなったというものです。 これはおそらく、大麦若葉にビタミン様物質のコリンとカリウムが豊富に含まれているからだと推測されます。 コリンは肝臓にたまった脂肪を分解してくれる働きがあります。

また、カリウムも肝臓になくてはならない物質で、肝硬変を患っている人は、このカリウムが欠如した状態にあります。 このほか、大麦若葉のバランスのとれた栄養が、肝臓の再生力を高めてくれるものと思われます。

■アトピー・アレルギーに効果
アレルギー患者の血液を調べると、本来、弱アルカリ性であるはずの血液の酸性度が高くなっているという傾向がみられます。しかも、アレルギーの治療に用いられる薬の多くが、血液の酸性化を促進します。大麦若葉を愛飲するうちに、アレルギーの症状が軽減して消えたというひとが多いのも、酸性化した体そのものを改善して、細胞を正常化することが、理由だと考えられます。

■強力な抗酸化作用
大麦若葉には、過剰に生成された有害な活性酸素の消去および生成抑制の作用をもつSODが豊富ですが、そのほかにも有効な成分を含みます。フラボン系化合物の「2−0″−グルコシルイソビテキシン」もそのひとつで、極めて強力な抗酸化作用を持ちます。  

■便秘の解消
食物繊維が大麦若葉には豊富に含まれています。食物繊維は、腸を掃除する働きがあります。よって便秘に悩まされている人は、青汁を積極的に飲むとダイエットに大きく影響する便秘解消に働きます。これは、大腸ガン予防にもなるでしょう。

■ガン予防
大麦はアメリカ国立癌研究所のデザイナーズフーズ・プログラムにおいて、発癌抑制効果の高い食品とされています。

大麦若葉に含まれるペルオキシダーゼという酵素は、魚が焼け焦げて黒くなった部分に含まれる発ガン性物質などを分解する働きが存在します。このペルオキシダーゼは、アメリカの研究で、「ガン患者に対する放射線治療の副作用である白血病に効果が見られた」との報告もされています。

また、大麦若葉には発ガン抑制物質であるビタミンA、C、Eがたくさん含まれています。これらの作用がいっしょになって、ガンに打ち勝つ大きな力となることが充分に考えられます。

■心臓病の治療効果
大麦若葉にはコレステロール値を下げる物質や抗酸化成分(2−0グルコシルイソビテキシン)、血小板を抑制する成分などが含まれています。そのため、冠状動脈にすでに詰まってしまった老廃物を溶かしてしまう効果もあります。

■生体賦活作用
細胞培養の研究過程において、大麦若葉のエキスを与えたところ、異常なほど活発な細胞増殖が起こったそうです。このような増殖の作用は、大麦若葉エキスの中に含まれる、トリプトファンが成長ホルモン的な働きをするため、と考えられています。生体賦活作用などの身体の根本より働きかけるため、種々の症状改善に期待できます。

■高血圧を防ぐ
大麦若葉に多く含まれているカリウムは塩分を排出させるサポートをして、血圧上昇を防ぎます。

■美肌
SODは活性酸素を撃退する酵素ですが、肌を美しくして若返らす効果もあります。さらに、大麦若葉には多くのビタミンがバランスよく入っているので、これらのビタミンの働きも大きいと思われます。


◆原料の質

「大麦若葉」を原料とした製品は数年前からメディアでも取り上げられ、注目度の高い健康食品になっています。しかし、大麦若葉も近年では中国産が大幅に増えてきました。現在日本で販売されている大麦若葉の約70%は中国産です。

有機無農薬の大麦若葉が望ましいでしょう。


◆ライフアップのアサヒ菜善青汁


aojiru.jpg

【1箱(1日1袋の場合、約3ヶ月分):3g×90袋入】
通常価格:10,290 円(税込)

会員特別価格: 7,140円(税込)
送料無料

菜善青汁は、1杯75円!(※キャンペーン価格)
主成分は有機無農薬・無化学肥料栽培の大麦若葉です。
還元麦芽糖が入っているので甘く、吸収の良い発酵乳酸カルシウムが入っています。またアロエと抹茶が含まれています。

一箱3g×90袋入約3カ月分
今ならお試しキャンペーン実施中!!送料無料
通常価格10290円 お試し価格7140円〔2010年12月31日まで〕


■まとめ買いでお得な3箱セット【約36%OFF】11,070円もお得!

「定期コースはちょっと…でもお得に買いたい!」という方にオススメ!

3hakoaojiru.jpg

菜善青汁(3箱セット)【通常購入】

通常価格: 30,870 円(税込)
会員特別価格: 19,800円(税込)


アサヒ菜善青汁は、通販でお求めいただけます。

 
アサヒ菜善青汁は、健康的な生活のための健康食品です。

↑詳細はこちらからどうぞ

posted by あすなろ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 大麦若葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。