2010年07月16日

身長を伸ばす成長ホルモン






低身長に悩むお子さんには成長ホルモンの投与をしますが、そのためには大変高額な治療費がかかります。それでドクターが成長ホルモンの分泌を促す健康食品を開発しました。

まず、成長ホルモンの分泌を促進させるアルギニンについて調べてみましょう。

◆アルギニンとは

アルギニンとは、たんぱく質の構成要素であるアミノ酸の一種のことです。アルギニンは、成人では非必須アミノ酸で、体の中でつくられ、主に肝臓と腎臓でつくられます。

アルギニンの効果は、多くの医学文献によって裏付けられています。ノーベル医学賞やノーベル生理学賞がアルギニン及び一酸化窒素の医学的研究に授与されています。


◆アルギニンの補充の必要

乳幼児や発育期にある子供にとっては、アルギニンは、準必須アミノ酸です。子供は、アルギニンの体内での生成量が少なかったり、体の需要量が多いため、食物などによって積極的に補充しないと成長や発達が遅れてしまいます。ます。

また大人でも健康で活動的な体を維持するためには体の中でつくられた量では足りなくて、ある程度の量を食物から摂取する必要があると言われています。

最近の研究では、加齢や生活習慣の乱れ(飲み過ぎ、ストレス、運動不足、喫煙、ダイエットなど)によって、また、生活習慣病で、体内でのアルギニンの量や働きが低下するとの報告があり、これが老化や生活習慣病の大きな原因の一つになっている可能性があります。

そのため、加齢や生活習慣の乱れがある場合、あるいは生活習慣病に罹っているときは、食物やサプリメントなどによって積極的にアルギニンを補充する必要があります。


◆アルギニンの含まれる食品

主な食品のアルギニン含有量(mg/100g)は
ビール酵母 3000 ・牛肉 1,200 ・豚肉 1,300 ・鶏肉 1,200 ・マグロ 1,500・味噌910・納豆940・油揚げ1500・大豆2800・高野豆腐4200・豆腐 550 ・鶏卵 780 ・牛 乳 210・ エビ 1900・ マグロ 1500 ・タイ 1100・ アサリ 530です。

他にも、乳製品、アーモンド、ブラジルナッツ、ピーナッツ、くるみ、落花生などの木の実、ヒマワリの種、チョコレート、玄米、ごま、きゅうり、マカ、小麦胚芽などに多く含まれています。


◆アルギニンの体内での働き

食事をするとタンパク質は胃で分解され、アルギニンという形で肝臓から身体中を巡ります。アルギニンが脳の視床下部にいくと成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、また、老化防止のホルモンでもあります。ある程度老化してもそこで抑えます。他にもい
ろいろな作用があります。

1993年の医学雑誌に低身長症の子供達に対してアルギニンを投与した臨床試験で人成長ホルモンの分泌が上昇した記録があります。アルギニンが成長ホルモン分泌を増進させることは、臨床試験で確かめられています。


◆成長ホルモンとは

成長ホルモンは、脳にある下垂体で産生される、成長を促進したり、若さを保つために働くホルモンです。

成長期には成長ホルモンが盛んに分泌され身長はどんどん伸びますが、成長ホルモンが足りないと成長が阻害され低身長になります。一方、成長期を過ぎると、成長ホルモンの量はどんどん少なくなります。成長ホルモンは、成長期の10代がピークで、その後どんどん減少し、40代で約半分に、80代では20分の1にまで減少してしまいます。また、閉経後の女性、肥満者などでは分泌量の減少が促進されます。

ところが、成長ホルモンは成長期にだけ必要かというとそうではなく、成人になってからも必要で、成人で不足すると体脂肪の増加、筋力低下、骨密度の減少、強い疲労、やる気や活力の低下、情緒不安定、疎外感などのうつ状態、認知能低下などの症状が見られるようになります。

すなわち、この成長ホルモンの減少が、中年以降や老人、閉経後の女性、肥満者などでの筋肉量や筋力の減少、脂肪の蓄積、骨密度の減少、疲労感、意欲の低下、うつ病、認知症などに関係しているのではないかと考えられています。

最近、老化は成長ホルモンの不足が大きな原因の一つではないかと考えられており、成長ホルモンが若返りを促進するホルモンとして大変注目されています。

  
◆身長を伸ばすには

成長ホルモン分泌不全などの原因による低身長症という病気には、成長ホルモンを与える治療をしますが、成長ホルモンの分泌が正常だが背が低いとか、平均身長くらいはあるが、さらに身長を伸ばしたい場合は、成長ホルモンの分泌を多くすることを考えなければなりません。

視床下部の部位にある脳下垂体から成長ホルモンは分泌されますが、そのために必要な栄養素はアルギニンなどのアミノ酸と、ビタミン・ミネラルです。アルギニンが成長ホルモンの分泌の鍵を握っています。また、その他の各種のアミノ酸が必要です。

特にアミノ酸の中でも、しじみや大豆から摂れるアミノ酸であるオルニチンは、成長ホルモンに深く関与してアルギニンのパワーを相乗的に引き出します。各種アミノ酸は相乗的に働きますから、一緒に摂る事がより効果的です。


◆アルギニンの効能

アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進します。全身の代謝を促進し、脂肪の減少や筋肉の増加、骨の強化など、身体の若返りに効果があります。

また、アルギニンは、体内で一酸化窒素という重要な成分を生成し、それにより、いわゆる動脈硬化を防ぎ、活性酸素を除く役割を果たしています。アルギニンは動脈硬化、高血圧、痴呆、骨粗しょう症、胃潰瘍、肝障害などの老化病(生活習慣病を含む)を予防改善しているというわけです。

アルギニンはED(性機能低下・勃起障害)や精力減退にも効果があると言われています。

その他のアルギニンの健康効果
* 血液サラサラ効果
* 動脈硬化、動脈硬化性疾患などを予防改善
* 脳疲労予防
* 血糖値上昇、糖尿病合併症などを予防改善
* 肝機能強化、肝炎、肝硬変の予防改善
* 骨粗しょう症、骨折を予防改善
* 筋力低下予防
* 免疫力向上
* 胃腸強化
* 解毒作用
* 学習能力改善
* 認知症予防


◆HGH-21program

hgh21pro300px.gif

■HGH-21program
※内容量(1箱分):6g×42包入/21日間プログラム(3週間分)/顆粒状タイプ

HGH-21Program 1箱 12,800円
HGH-21Program 3箱セット 36,000円
HGH-21Program 6箱セット 66,500円
HGH-21Program※1クール 9箱セット 92,000円
HGH-21Program※2 定期購入 11,520円/1箱 3箱毎の発送

送料:全国一律480円

定期購入サービスは3ヶ月間は最低ご継続頂く必要がございます。発送は9週間ごとに、3箱づつの一括発送となります。
(※2. 9週間飲んで2週間休む稲川医師推奨サイクルにあわせて発送されるのでお勧めです。)

一日2包(朝食前と夕食前)を目安に、そのままもしくは水またはお湯等と一緒にお召し上がり下さい。

お子様がお召し上がりになる際には、保護者の指導監督のもとにご使用下さい。

3箱飲んで2週間のお休みを入れて下さい。
そして再び3箱飲んで2週間お休み。3箱飲んで2週間お休み。
この合計27週間の摂取と6週間のお休み(1クール)が、成長ホルモンの分泌を促進させるのに有用であるとのデータが臨床実験において明らかとなっております。

まずは1クール継続してお試しいただくことをお薦めいたします。


■HGH-21programは、成長ホルモン(HGH)そのものではなく、自分自身のHGH分泌を増加させる目的で開発された商品です。

医学博士稲川俊之氏は長年にわたり多くの患者さんの成長ホルモン治療に携わり、結果として多くの小児の身長を伸ばすことに成功しました。また同時に、厚生労働省認定による保険適用枠の狭さ(低身長症の場合男子:156.4cm 女子:145.4cm)を理由に、多くの親御さんが年間400万円〜600万円という高額な治療費に苦しんでいる現実に対し、保険適用外の人であっても安価に成長ホルモン治療を継続できる解決策を長年研究してきました。

今回研究チームは、アルギニンに、オルニチン、リジン、グルタミン、ナツメ、ヨモギ、イチョウ葉エキスなどを配合することによりアルギニンがより効率よく利用される組み合わせを開発しました。また、使用するアルギニンの純度を上げることによりこのProgramを成功させることができました。

今回当社が発売したHGH-21programはアルギニンを主体とした安全なサプリメントでありかつ成長ホルモンの分泌が長期にわたり期待できる商品です。

HGH-21programは、効果を実証する臨床実験を行なった結果、通常時との比較で成長ホルモン分泌増加が確認されています。

■HGH-21programは、低身長美肌アンチエイジング加圧トレーニングバストアップダイエットなと゜さまざまな目的をお持ちのお客様がご愛用されています。 





低身長の悩みにドクターズサプリメントHGH-21program

↑詳細はこちらからどうぞ

posted by あすなろ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アルギニン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。